原発問題

2012年5月 5日 (土)

久々の原発のない日本

今日、泊原発が停止して日本のすべての原発が止まります。

おそらくこの夏は原発抜きですごすことになるでしょう。

あれだけの大事故を起こしていながら、旧態依然の手法で再稼働を訴えても受け入れられるわけがない。

「絶対安全」と「電力不足」とで、脅したりすかしたり・・

原子力村自体が発想の大転換をしなくては無理でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年12月31日 (土)

被災の年

思えば今年ほど災害にあった年はありませんでした。

まず3.11の地震では帰宅難民となり、自宅も2日間水がでませんでした。

その後の原発事故では、約1週間避難の放浪生活。

9月の台風のときには、傘おちょこずぶ濡れ状態。

11月のバンコクの洪水では、会議が延期になってしまいました。

年に4つも被災ないしは災害に影響されるとは思ってもみませんでした。

来年はもう少し穏便にお願いしたいものです。

でもこうして無事生活できていることに感謝しなければなりません。

皆様、よいお年をお迎えください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月31日 (月)

東電のセールス

日曜日の家電(いえでん)にはよくセールスの電話がかかってきます。

先週は何と!「東京電力ですが・・お風呂をガスから電気に替えると○年間でいくらお得です。」

というようなセールス。この時期にガスから電気に替えるひとがいるとは思えませんが・・

東電も利益を出さないと補償金を捻出できませんから、セールスすることはかまいません。

しかし、まずは「この度の原発事故では多大なご迷惑をおかけしまして・・」

から始めるべきでしょう。

常磐線沿線は今、除染で大変なんですから・・

いつもの私ならばドヤシつけるところでしたが、あまりに弱々しい女性の声だったので何も言えませんでした(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

電気料金を15%値上げ?!-東京電力

「盗人猛々しい」とはこのことを言うのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年8月 7日 (日)

エネルギー問題と開発教育

土曜と日曜に第29回の開発教育全国研究集会が東京広尾の地球ひろばで開かれました。

今年は震災と台風で、東北と沖縄の方々がほとんど参加できませんでした。それでも200名以上の方が全国から来て、熱心に討論していきました。

私は「エネルギー問題と開発教育」の分科会の司会をしました。ホットな話題なので、議論の行く末が心配でしたが、報告者の実践事例がすばらしく、地に足がついた議論ができました。

Szenken2011

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 9日 (土)

出発点にあるウソ

原発をめぐる議論を聞いていて虚しいのは、議論の出発点にウソがあることです。
1970年代に原発が初めてできた頃は「A原発で事故が起こる確率は10000年に1回、とかB原発は5000年に1回」というような数字が出ていたのです。ところが80年代に入る頃から「原発では絶対に事故は起きない」という主張に変わりました。

およそ人間が造るもので「絶対」はありえないことくらい子どもでも分かります。永久機関(外部からのエネルギー補給なしで永久に動く機械)が存在しないのと同じくらい確かなことです。しかも、それを主張している原発関係者も、反対する人々も、この原点がウソであることは重々わかっているわけです。

かくて原発についてのあらゆる議論は虚しくなりました。単に議論が虚しくなったばかりではなく、ウソをウソと知っていて主張しつづける側のモラル(品位)が低下しました。こうしたことの延長線上に「やらせメール事件」もあります。およそ地域を代表する一流企業がすることではありません。それが常態化していることからも、問題の根の深さがわかります。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年7月 8日 (金)

玄海原発、ハードよりソフトの問題

玄海原発はじめ停止中の原発の再稼働については、ハードも問題もさることながら、それを運営する電力会社、政府特に経産省などのソフトの問題という気がします。

九州電力のやらせメール事件を聞くにつれ、この期に及んでも過去の反省を全くしていない、ということが分かります。

安全に原発を運営できる人間側の体制が組まれなければ、再稼働どころの話しではありません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 7日 (木)

脅威のねばり

内閣支持率20%、震災対策大臣辞任・・・

普通なら即辞めてもおかしくないのに、菅さんのねばりはすごいですね。

いつの間にか、誰も辞めさせられない事態になっている。内閣不信任案は否決されて、今国会ではもう出せないし、参議院の問責決議案も「脱原発解散」が怖くてひっこめた。

それでは菅さんがメドという3法案が成立したら辞めるのか? これも疑問です。「新体制」すなわち内閣改造で3次補正をすると言い出しそうな気がします。

そうなると内閣不信任案を出すしか辞めさせる手段はない。しかしこれは一度使ってみて非常に評判が悪い。自民党の支持率は下がるし、小沢グループに至っては8割以上の人がその行動に疑問を呈している。

決め手は「脱原発解散」です。もう民主党でも自民党でも何でもよい。「脱原発組、この指とまれ」で解散すれば、まちがいなく「過半数」。

それに次の総理候補がいない。一時期名前が上がっていた人々ももう忘れ去られているし、何しろそうした話題すらマスコミに出てこない・・

かくて、9月以降も、あるいは来年も・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 4日 (月)

AERA蒸発

本日発売のAERAに「放射能マップ」が乗っているというので、朝、佐貫駅の売店に行ったら「今日は売り切れました」とのこと。別の売店でも「同じ量入荷しているのにすぐになくなりました」

常磐線に沿って放射能のホットスポットがあるという記事で、しかも、各市内の町ごとに細かい計測データが乗っています。

上野駅の本屋でようやくゲット。私の家から300メートルほどの中根台中学校では0.2マイクロシーベルトという値でした。自宅で計測したときは0.11でしたから、より高い値ですね。0.1と0.2とでは倍違います。

計測器を購入するので定期的に測定してみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年7月 3日 (日)

浜岡原発に行ってきました

土曜日に浜松の国際理解のグループで「援助する前に考えよう」のワークショップを行いました。その足で、浜岡原発まで行ってきました。

Shamaoka

    停止中の浜岡原発。再稼働することはおそらく永久に・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)