科学・インターネット

2013年4月26日 (金)

コンピュータと人間4

 
 それでは、もし数年後にコンピュータが名人と対等ないしはそれを凌ぐ戦いをするようになったときに、プロ将棋界はどうなっていくのでしょうか。そこで、一足先に人間のトッププレイヤーがコンピュータには勝てなくなったチェスの世界が参考になります。

 
 チェスの世界大会は相変わらず盛んに行われていて、多くのプレイヤーが楽しんでいます。森内名人や羽生三冠も、実は知る人ぞ知るチェスのプレイヤーで、「余暇」としてチェスを楽しんでいて、世界大会にもしばしば参加し好成績を残しています。私は、羽生さんがつくばに来られたときに「将棋を仕事として指してして、なぜ余暇にチェスを指すのですか。どこが楽しいのでしょうか」と質問したことがあります。羽生さんは「世界大会に行くと3日間指しっぱなしで、最後はグタっと疲れます。それがいいんです」と答えられました。正直よくわかりませんでした。仕事であれ余暇であれ、本当にボードゲームが好きなんだな、と思いました。

 
 ということで例えコンピュータの優位が確定した後でも、将棋はすたれない。相変わらずコアなファン、ないしはより多くのファンに支えられて今までどおり続けられるであろう、という楽観的な予想があります。これは電王戦を当初企画した故米長将棋連盟会長の意見でもあります。米長さんは「箱根駅伝のスポンサーには自動車会社も入っている。しかし、人間とクルマとの競争を誰も見たいとは思わない。人間同士が戦うからこそドラマがありおもしろいのだ」というご意見でした。

 
 一方で、将棋という競技の観戦のしかたが大きく変わってしまうだろう、という予想があります。今回の電王戦では、大盤解説の際にコンピュータによる評価関数が表示されました。これにより、しろうとの観客もコンピュータはそれぞれの手をどのように評価しているかを数字で見ることができました。プロによる解説と、コンピュータの評価とはしばしば食い違い、その違いがまた観客の興味を惹くという相乗効果がありました。

 
 しかし、コンピュータの優位が定着してしまうと、観客はプロによる解説よりはコンピュータの評価の数値を信じるようになります。チェスの試合では、コンピュータによって次の一手の評価関数が示され、観客はそれを参考にして実際に指された手の「答え合わせ」をするような観戦のしかたになっています。現在はスマホのアプリですら、トッププレイヤーを超えているので、スマホ片手に「答え合わせ」が可能なのです。このような観戦のしかたを嘆くチェスのオールド・ファンも多いのです。

 
 将棋の場合はどうでしょうか。従来のコアな(やや年配の)将棋ファンからは「将棋がおもしろくなくなった」という感想が増えるかもしれません。一方で、今回の対戦で裾野を広げつつある(おそらく若い)将棋ファンからは、そのような観戦の仕方がわかりやすい、と歓迎されるようにも思います。それはそのときが来てみないとわかりません。

 
 いずれにしろ、ここ数年は「人間対コンピュータ」のおもしろい対戦が続くはずです。その後、コンピュータの優位が確定したところで、将棋界はひとつの転機を迎えることだけは間違いないでしょう。

                                                                          (終)
 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年4月23日 (火)

コンピュータと人間3

 電王戦の最終戦は大変な熱気のなかで始まりました。試合は淡々と進みましたが、後手のGPS将棋が攻めを始めてからは、三浦八段はもっぱら受けに回り、受けきれるかどうかが勝敗の分かれ道となりました。しかし、次第に配色が濃くなり午後7時には投了。三浦八段にとってほとんど見せ場がありませんでした。

 
 この結果は日本将棋連盟や将棋ファンにも深刻な波紋を広げつつあります。早ければ来年にも名人か竜王と対戦を組まねばならなくなりそうです。かつてボナンザと対戦し辛勝したことがある渡辺明竜王は自身のブログで「自分のところに回ってくるのは当分は先だと思っていました。その見解は甘過ぎたようです」と述べて、すでに覚悟を決めたかのようです。
 

 現在、名人戦の7番勝負が行われています。森内名人に羽生三冠が挑戦するという最高のカードです。名人戦は竜王戦と並んで将棋界の最高峰の戦いとされています。しかし、電王戦の後では名人戦に対する見方も微妙に変化するように思われます。この連休には折しも「世界コンピュータ将棋選手権」が東京の早稲田大学国際会議場で開かれます。今回のことがあったので、注目度は飛躍的に高まることでしょう。そして、名人戦について、果たしてそれは将棋界最高峰の戦いなのか、という一抹の疑問が浮かぶようにも思います。
 

 私が将棋のファンになったのは羽生さんがタイトル七冠を独占したときからです。いわゆる「羽生マジック」に魅せられたのです。私は将棋は指さず、ひたすら観戦するファンです。羽生さん以外の個性的な棋士の皆さん大好きです。将棋は勝ち負けがはっきりしていて言い訳がききません。棋士たちのその潔い生き方に共感したということもあるでしょう。
 

 羽生マジックとは、多くの人にとって「想定外」の指し手のことです。トップ・プロにとっても意外な手が現れて、しかもその手をきっかけに形勢が逆転したり、勝利が確実になったりします。羽生三冠の発想は全く柔軟で、多くの棋士の先入観を超えたところで、想定外の手をよく指されます。

 それは羽生さんという人間が指すから「想定外」であり、人々に驚きや感動を与えるわけです。ではコンピュータが人間の想定外の手を指したらどうでしょうか。これはコンピュータ将棋ではよく出てきていて、多くの場合は人間にとっては「意味不明」や「疑問手」なのですが、ときにはそれが重要な一手であることもあります。しかし、人々はそれを「ボナンザ・マジック」とか「ツツカナ・マジック」とは呼びません。コンピュータが人間の想定外の手を選ぶのは、ある意味では日常的な現象だからです。羽生さんという人間が指すから「マジック」なのであって、機械が指してもそうは言いません。
 

 ということは今後コンピュータ将棋の能力が高まっていくと、羽生マジックはへの評価はどう変わるのでしょうか。ひとつは羽生マジックの論理的根拠が明らかになり、人間側の指し手の価値がわかり評価が高まる、というストーリーです。その逆も考えられます。すなわち羽生マジックのような手はコンピュータにとっては日常茶飯事であって、それほど評価するような話でもない、と評価が下がる方向です。どちらに進むかは今後の将棋界を占ううえでも重要であると思われます。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月22日 (月)

コンピュータと人間 2

 第2回電王戦はプロ棋士とコンピュータ将棋との5番勝負で、3月23日以来毎週土曜日に開催されました。その第4戦まですばらしい盛り上がりを見せていました。

 第1戦の「阿部光瑠4段vs.習甦戦」では、阿部4段が序盤でリードして快勝しました。まだ人間の方が十分やれるのだと思える上々の出だしでした。そして第2戦「佐藤慎一5段vs.ポナンザ戦」は、中盤佐藤5段がリードするような局面もありましたが、最後はポナンザに押し切られました。これで1勝1敗、まだ相星なので余裕がありました。
 

 第3戦は「船江恒平5段対ツツカナ戦」。船江5段が中盤リードを奪うのですが、決め手がなかなか見つけられず、双方にミスや疑問手などが出て、2転3転の末、コンピュータ側の勝利でした。私のブログにも書きましたが、今回の全登場プロ棋士のなかで、ある意味船江5段がもっとも期待が高かっただけに、この結果にはがっかりしました。これで、プロ棋士側の勝利はないだろう、と。しかし、2転3転した将棋の内容自体はハラハラドキドキで、見ている者に感動を与えました。
 

 そして、今回の電王戦の最大の見せ場は第4戦「塚田8段対プエラα」です。プエラαは昨年度第1回電王戦で故米長会長を破ったポンクラーズの後継機です。そして、その開発者の伊藤英紀氏は「コンピュータはすでに名人を超えている」と豪語する今回最大の「ヒール(悪役)」です。対する塚田8段はかつては塚田スペシャルという戦法で一時代を築いたタイトルホルダーではありますが、さすがに50歳を超えていてとてもコンピュータに歯が立つとは思われませんでした。ここで3敗を喫してプロ棋士側が負け伊藤氏が高笑いする、という最悪のストーリーが脳裏をよぎりました。
 

 しかしながら、プロ棋士の名誉をかけて戦う塚田8段は粘りに粘りました。自分の形勢悪しと見るや、なりふり構わず入玉をめざし、ついにはコンピュータ側も入玉して、結局引き分けに持ち込んだのです。塚田8段が引き分けの持将棋に持ち込んだ瞬間、中継会場であるニコファーレでは詰めかけた将棋ファンからひときわ高い拍手が起きたのです。

 試合後の「途中で投了しようとは思わなかったのですか」との記者の質問に対して、塚田8段は言葉を詰まらせ「自分から投了はできなかった。最低でも引き分けて最終戦に持ち込まねばならなかった」と語り、涙を見せたのです。

 この瞬間が今回の電王戦の最大の見せ場でした。これまでコンピュータ側の2勝1敗1引き分け、最終戦で三浦9段が勝利すれば電王戦自体を引き分けに持ち込むことができるのです。期待はますます高まりました。そして、4月20日のニコファーレには朝から多くの観客が詰めかけ、ニコニコ動画での中継には50万人近い人がアクセスしました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

コンピュータと人間1

電王戦の最終局を見ていて、「ついにこの日が来てしまったか」という思いです。

1997年にIBMのスーパーコンピュータ「ディープブルー」が当時のチェスの世界チャンピョンであるカスパロフに勝利しました。このときも世界的なニュースになったのですが、将棋の場合、手持ちの駒を生かせるという特徴があるため、計算が桁違いに難しく、コンピュータがプロに勝つのは当分先きであろうと考えられていました。

しかし、今回の第2回電王戦において、コンピュータはプロ棋士に対して3勝1敗1引き分けという結果を残し、「圧勝」しました。圧勝と言ったのは、4月20日に行われた最終戦に登場したGPS将棋が、将棋界のトップ10に入る三浦九段に勝ったからです。しかも、その勝ち方は、コンピュータが後手にもかかわらず、先手の三浦九段の得意とする戦法で先手に何もさせなかったのです。コンピュータ側の王様は手つかず(王手がかからず、囲いも乱れていない)、三浦九段側は攻めをふせぎきれずに詰まされたのです。

三浦九段は将棋界に10人しかいないA級棋士で、これまでに棋聖のタイトルをとったこともありますし、名人戦に挑戦したこともあります。三浦九段以上の棋士となると、羽生、森内、渡辺の現在のタイトルホルダーくらいでしょう。そもそも東大駒場の690台のコンピュータをクラスタでつないだGPS将棋は、一秒間に2億5千万手も読むと言われています。それを聞いただけで人間側が勝てる気がしません。来年か再来年にはタイトルホルダーが出てくるだろうとは思いますが、コンピュータに勝ち越せるとは想像できないのです。

もちろんコンピュータにも欠点はあります。それは序盤の駒組みが上手でないことと、入玉戦に弱いことです。コンピュータといえど、読める手はせいぜい30手先です。プロは序盤の内でも、最終盤を意識して指すことがあります。例えば、端の歩をつくかどうかは、80手100手先にその効果がでてきます。さすがのコンピュータもそこまで読むことはできません(少なくともここ数年では)。

ですから、序盤の内に大量のリードを奪って、中終盤にのぞめばコンピュータに勝つ可能性は高いのです。現に、今回プロ棋士で唯一勝利した阿部光瑠四段は、「習甦」というコンピュータにこの作戦で勝利しました。

コンピュータのもうひとつの欠点は、相入玉戦です。相入玉戦とは、お互いの王様が敵の陣地に入り込んでしまって、詰ますことができない状態を言います。公式戦ではこの場合は、駒の点数を数えて勝敗を決めます。すなわち飛車、角の大駒が5点、その他を1点として計算して、合計24点に達しない方が負けです。双方が24点あれば「持将棋」といって引き分けになります。

コンピュータは過去の棋譜(プロの将棋の公式戦の記録)をデータベースとしてもっていて、それを参考に戦っているのですが、そもそもプロの試合で相入玉戦の事例が少なくデータが不足しているのです。さらに、相入玉となると将棋のルールそのものが変わります。すなわち敵の王様を詰ますのではなく、駒の点数を稼ぐようにプログラムを切り替えねばなりません。そのタイミングがとても難しいのです。
今回の電王戦でも、第4戦では塚田八段が、ほとんど負け戦であった試合を相入玉に持ち込んでかろうじて引き分けています。

今後コンピュータに勝とうとするならば、この2点で戦うしかありません。序盤で大量リードするか、相入玉に持ち込むか。しかし、トップ・プロほどそれが大変難しいのです。なぜなら、プロ棋士には「美学」があるからです。相入玉戦はいわば例外中の例外で、最初から目指すようなものではありません。プロは「棋譜」の美しさを大切にしています。結果的にそうなるのは仕方ないとしても、最初から泥仕合を目指すことはトップ・プロにはできないでしょう。

むしろ阿部四段のように、若手で失うものが少なく、かつコンピュータ将棋にも慣れているような世代の棋士の方が、コンピュータ棋戦で勝ちやすいように思われます。
ということで、来年ないし再来年に名人クラスの棋士がコンピュータ将棋と戦っても、それに勝ち越すことはかなり困難ではないのかと思われるのです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年2月16日 (土)

ロシアに隕石が落下しました

小惑星が地球に大接近ということで天文ファンがてぐすねひいて待っているときに、ロシアに隕石が落下しました。これだけ鮮明な映像を多数の人が撮っていたのは初めてのことでしょうから、ファンのみならず専門家の方々も興奮していることでしょうね。

隕石の爆発により1000人以上の人的被害が報告されました。これまでの記録を調べてみましたが、1954年にアメリカで女性の腰に隕石のかけらが当たったという1例のみでした。この点でも有史以来のことのようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年12月26日 (水)

iPS細胞の未来

今年の科学ネタの中では、ヒッグズ粒子と並んで話題になったのがiPS細胞です。

iPS細胞で難病の治療が進むであろうことは大変すばらしいことです。

一方でこんなことを想像してしまいます。自分の細胞をリセットして新しい若い細胞が作れるわけです。すなわち理論だけでいうと、古くなったり病気になった細胞や臓器を新しい細胞や臓器で置き代えることができる。

いわば不老長寿の決定版です。となると人間の寿命は病気がなければ120年と言われていますから、理論的には誰もが100歳を超えて生きることができるようになる。

ただ、大変な費用がかかるでしょうから、結局お金持ちの人から細胞や臓器を新しいものに代えられることになるでしょう。

多くの人が100歳を超える社会というのはどんな社会なのでしょうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月 5日 (木)

ものの起源

昨日はCERNから発表があるというので朝から落ち着きませんでした。

「ヒッグズ粒子と見られるものを発見した」ということで新聞やテレビでトップで取り上げています。

院生たちとお昼を食べながら「人類の起源とか、地球の起源とか、そんなレベルの話しではない。質量の起源、すなわち、「もの」の存在の始まりが明らかになるという大発見だよ」と話しました。

キョトンという人が多い中で、ひとりだけ「身震いします」との反応・・・

それにしても99.9999%の確率なのに、まだ断定はしないんですね。年内には確実なことが言えるそうですが・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

人工光合成に成功

NHKのサイエンス・ゼロで「昨年9月に人工光合成に成功していた」ということを知りました。

学生たちに地球温暖化問題について「CO2を酸素に戻す光合成という営みは植物にしかできない。人類はまだそれに成功していない。だから地球温暖化は非常に解決困難なのだ」というようなことを話していました。早速訂正しなくてはなりません。

光合成ができればCO2と水と太陽光を原料として、水素や酸素や炭水化物を作り出すことができます。すなわち、地球社会が抱えている食料問題、エネルギー問題、環境問題を一気に解決することができるかもしれません。

人工光合成に成功したのは豊田中央研究所です。ただ、実用化にはまだまだ時間がかかるそうで、今の予想では2050年とか!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年5月25日 (金)

太陽の大きさ

今回の金環日食に関する報道でわかったのですが、太陽の大きさはまだ正確には測定されていなかったそうです。これはけっこう驚きでした。理科年間によると太陽の半径は69万6000キロとなっていますが、これは1891年に測られたもの、1世紀以上前です。その後の測定でも誤差がどうしても100キロ程度はあるといいます。

要するに太陽は明るすぎて輪郭をとらえるのが難しいのですね。それで日食がよいチャンスとなるわけです。今回はベイリービーズ(月のへりの谷間を通ってぎりぎり漏れてくる光)を観測することで誤差わずか20キロという正確な値が出てきました。それによると太陽の半径は、69万6010キロだそうです。

このような正確な観測値が可能になったのも、日本が打ち上げた月観測衛星「かぐや」が月の山や谷の正確な高さを10メートル以内の誤差で測定したからです。

日本の衛星の測定と、日本で起きた日食により、1世紀ぶりに太陽の正確な大きさがわかるというのは、なんだかうれしいです。

しかも、今後太陽の大きさは変動するかもしれないので、この値がいわば基準値となって、今後さまざまな比較が行われることでしょう。未来にあっても必ず戻るべき原点みたいなものです。

ということで私はけっこう感動しているのですが、回りの人に話してもあまり反応してくれなくて・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食-この日を50年待ちました

 小学生の頃、我が家には小学館の百科事典がありました。私は事典を読むのが大好きで、たまたま日食の項目を見ていました。そこには日本列島の地図と今後予想される日食帯のマップが載っていました。

 日食は北海道で見られることが多いのですが、その中で一本東京を横切る帯がありました。それが2012年の金環日食でした。

 

 1964年頃のことです。東京オリンピックが開かれた年。小学生にとって2012年は想像もできないくらいの未来でした。何しろ鉄腕アトムが生まれるのが2002年です。自分が何歳になるのか、自分は生きているのか、そんなことも想像外でした。

 

 そしてついに2012年5月21日がやってきます。当日の天気予報は曇りですが、一応観測用のメガネを用意しておきました。前日も曇天でした。太陽はよく見えなくてもこのメガネをかけると太陽の輪郭がくっきり見えます。一縷の希望をもちました。

 

 前夜はなかなか寝付かれませんでした。ワインを飲んで寝ることにしました。でも寝過ごしてはいけないので目覚まし時計とケータイのアラームを6時にセットしました。目が覚めるとまだ2時、次も4時、外は暗いです。5時57分ばっちり起きました。

 急いでカーテンを開けるとそこは青い空。「神様ありがとう」。家から出ると、東の空には厚い雲。観測用メガネ越しでも太陽の形は確認できません。「まだ1時間以上ある・・」

 

 次はテレビです。各局が中継を始めています。「お台場では薄曇りの雲の中に太陽があります。欠け始めています」「なに!お台場で見えるならば茨城はもっと見えるはず」

 急いで外に出て空を見えました。ありました。右上が欠けた太陽が・・

 

 7時を回ると薄日が差すようになり、日食の様子がくっきりと。5分おきくらいにテレビとベランダの間を往復。いよいよ7時32分。

 

 見えます、見えます。ドーナツ状の金環日食が。やりました、ついに。雲が太陽の前を次々横切っていきますが、太陽ははっきり見えます。

 

 わずか5分余り、ドーナツは再び三日月のようになっていきました。小学生のとき、この金環日食をこのような状況で見るとは予想もしませんでした。

Kinkan0521


             雲の合間から見えた金環日食

| | コメント (1) | トラックバック (0)