鉄道・まちあるき

2019年3月 5日 (火)

『SDGsとまちづくり』が出版されました

 新刊書『SDGsとまちづくり-持続可能な地域と学びづくり』のご案内です。

 

「持続可能性」を実現するまちづくり(SDG11)を担う地域人材を育てるための「ひとづくり・学びづくり」に注目し、地方自治体、学校教育、社会教育、ESD等における広義の教育活動の実践及び住民参加・子ども・マイノリティ等の今ある最新事情を論じます。

 

『SDGsとまちづくり-持続可能な地域と学びづくり』
 田中治彦(他編)、学文社、2019年3月5日刊、3000円+税

 

序章 SDGsとまちづくり・ひとづくり 田中治彦
第Ⅰ部 SDGsと持続可能なまちづくり
 1章 SDGsと地方自治体  久保田崇
 2章 地域経済とまちづくり 枝廣淳子
 3章 SDGsと地域づくり・文化づくり 山西優二
 4章 SDGsと市民のイニシアティブ 小泉雅弘
第Ⅱ部 地域課題とまちづくり
 5章 福祉社会とまちづくり 稲葉美由紀
 6章 持続可能な「農」   大和田順子
 7章 環境自治体とSDGs 中口毅博
第Ⅲ部 共に生きる楽しいまちづくり
 8章 多文化共生のまちづくり 榎井縁
 9章 祭り・観光とまちづくり 森山奈美
 10章 子どもの居場所があるまちづくり 木下勇
第Ⅳ部 SDGsと学びづくり
 11章 まちづくりと社会教育 内田光俊
 12章 サービス・ラーニングとまちづくり 市川享子
 13章 まちづくり教育の実践 松倉紗野香
 14章 学び合いの地域づくり 上條直美
 終章 まちづくりとパートナーシップ 佐藤真久

 

 

 

41hx3q9ogl__sx345_bo1204203200_

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 8日 (金)

みどりの山手線

今、話題のみどりの山手線・・・

実は・・・抹茶入りだったのです?!

Simg_0065

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

そして大阪・・・

久しぶりに大阪で講演をした。大阪で話しをするのは独特の緊張感がある。

思い返してみても「何か起きる」のが大阪なのである。想定外の質問が矢のように飛んできたり、思い通りの結論にならなかったり・・

若いときはその原因がよくわからなかった。そしてある時発見したのである・・

「つかみ」がすべてだ、と。

冒頭でしょうもない冗談を言えばいいのである。それで会場はなごむ。挨拶代わりである。

それからというもの、大阪に向かう新幹線では講演の内容ではなく、つかみばかり考えている。

今回は大阪YMCA130周年の記念行事であった。若者の居場所と参加とユースワークをテーマに90分ほど話をした。もちろん、つかみと落ちを忘れずに。

ところが、私以外の5人のパネリストや司会者はぼけないのである。一人だけ浮いて、ばかみたいではないか。

と思ったら、そうではないらしい。司会者から「先生ひとりでおいしいところをもっていったんですよ」と言われた。

なるほど、これが大阪か・・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

木彫りの熊

サケを口にくわえた木彫りの熊-ある時期どの家にもひとつはあったのではないでしょうか。私も中学生の頃、父からもらって毎日磨いていました。

その木彫りの熊にも物語があります。先週訪問したのは阿寒湖のアイヌのコタン(集落)。とはいってもほとんどお土産物屋さんです。

戦後、アイヌの人びとは阿寒湖の和人の土産物屋の軒先で木彫りの実演をしていました。ところが取り分が不当に安いということで、阿寒湖の地主さんにかけあって土地を貸してもらって自分たちだけで土産物屋をすることになったそうです。ところがその土地は、阿寒温泉の中心地から1キロも離れていて人が来ない。そこで大型スピーカーで一日中宣伝していたそうです。

Sainu01


そうこうする内に観光客がぞろぞろ歩いてアイヌ・コタンにやってきた。とにかく木彫りの土産物がよく売れたそうです。団体旅行の時代でしたから。そうしたら和人も1キロの道すがら店を出すようになった。

しかし、時代が変わって個人旅行が主流となり、温泉街も土産物屋も客の減少で困ってしまった。そこで、アイヌ・コタンと観光協会が協力して、アイヌの踊りのショーをメインにして集客するようにしたそうです。それで一息つきました。

ところが1997年にアイヌ文化振興法ができると、アイヌの伝統舞踊があちらこちらで見られるようになりました。阿寒のショーは珍しくなくなり、また客足が遠のいていく。そこで、写真のような劇場を釧路市の支援で作りました。そして「イヨマンテの火祭り」という創作劇を実演するようになったのです。

今は、土産物も商品開発が必要なので、アイヌのアーティストたちと3か年計画で新しいものを考えているそうです。

Sainu02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年7月31日 (火)

原鉄道模型博物館

7月10日に横浜にオープンしたばかりの「原鉄道模型博物館」に行ってきました。夏休みなので混んではいましたが、入場規制しているのでゆっくり見られました。

感想ですが、ジオラマを走る鉄道が大きいです。これは「1番ゲージ」といって実物の32分の1の模型です。私がもっているのがNゲージ、その上のクラスがHOゲージ、さらにOゲージ、1番ゲージとなります。

しかもこのジオラマでは、パンタグラフから電気を取り入れたり、線路が本当の鉄でできている、など実際の場面にできるだけ近づけるようにしています。館長の原さんは、世界的に有名な鉄道模型の収集家であり、制作者でもあります。御年93歳で、小学生のときから鉄道模型を自作していたとか。

1時間あれば展示をひととおり見られますが、できれば2時間くらいかけてじっくり見ることをおすすめします。

Haratrain

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年4月29日 (金)

「九州新幹線全線開通CM」見ましたか

報道番組でも取り上げられましたが、「九州新幹線全線開通CM」が評判になっています。

鹿児島から博多まで走る新幹線に向かって、沿道の人々が次々と手を振るというCMなのですが、震災のために放映されてからわずか3日で「お蔵入り」。それが今、YouTubeで大人気となっています。

一列になって敬礼する駅員、桜色の衣装で歓迎する人々、ビニールハウスの上で手を振る人、新幹線を追いかける子どもたち、ビルの窓に映る新幹線、という感じで、1万人以上の人が当日沿道で手を振ったそうです。

ただ手を振る風景なのに、どうしてこんなに心が打たれるのでしょうか。東日本でぜひ放映してほしいです。

YouTubeに入ったら「九州新幹線 CM」で検索です。180秒バージョンが一番いいです(すでに100万アクセスを超えていました)。

CMを見たら「JR九州社歌 浪漫鉄道」も聞いてください。普通にリリースしてもヒットしそうな名曲です。

Kyushu

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

悲しいとき・・(7)

昨日、久しぶりに牛久まで乗り過ごしました。幸い10分後に上りが来たので、すぐに帰れてよかったです。でも一駅乗り過ごすなどというのは日常茶飯事(^^;)ですから、こんなことくらいでは「悲しいとき・・」シリーズには入る資格がありません。

本当に悲しいとき・・とは、こういうことを言うのです・・

悲しいとき・・(7)

200×年2月某日・・ほろ酔いの上野駅・・10時30分発のフレッシュひたちに乗車

我孫子のあたりで不覚にも寝てしまい、「本日はフレッシュひたち65号にご乗車ありがとうございます。次は石岡、いしおかー」のアナウンスで目を覚ましたとき・・

事態が飲み込めず、回りを見回すと、満員だった車内に人が誰もいないとき・・

ケータイの「乗換案内」で「石岡→佐貫」を検索すると、「石岡4時59分発」と出たとき・・

しかたがないので水戸まで行って、JRが経営するホテル・メッツのツインの部屋にひとりで泊まったとき・・

翌朝、家に帰ったが、家族の誰も同情してくれないとき・・

(「牛久のうなぎ」より http://www2.rikkyo.ac.jp/web/htanaka/97/unagi01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

四ッ谷駅

上智大学は四ッ谷駅の目の前にあります。

四ッ谷駅には総武線と中央線の快速が停車する他、地下鉄の丸の内線、南北線も入っていて、とても便利な駅です。

Syotsuya01

ただ、この駅もとまどうことがあります。それは、どちら向きの電車に乗ったらいいのか錯覚することがあるからです。東がお茶の水方面、西が新宿方面なのですが、JRの四ッ谷駅はほぼ南北向きなのです。すなわち、お茶の水方面から来ると市ヶ谷から左にカーブして四ッ谷に入ります。そして、四ッ谷を出ると右に大きくカープしてトンネルに入り信濃町に向かいます。

JRで新宿に行くときには、南に向いている電車に乗るのですが、一方丸の内線で新宿に行くには反対の北向きの電車に乗らねばなりません。この辺が、とまどいの原因です。

Syotsuya02_3

   四ッ谷駅

  JRで新宿に行くには南向きの電車に乗るが、丸の内線で新宿に行くときには北向きの電車に乗る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

神田駅

上野から大学がある四ッ谷に行くには神田駅で乗換えます。距離的に言えば秋葉原で総武線に乗換えるのがいいのですが、これは各駅停車なので、快速が停車するお茶の水駅で再度乗換えになり、めんどうです。それに秋葉原駅の乗換えは複雑でまちがえやすい。

ただ神田駅乗換のデメリットもあって、ここには日中、京浜東北線が停車しません。それで山手線で行くことになります。

この駅でもホームの位置が気になります。山手線の東京方面(南行き)のプラットホームが北側(秋葉原側)に大きくずれているのです。そのため、上野から行くときには、できるだけ前の方に乗るようにします。上野駅でも南に向かって歩きますから、朝通勤するときはとにかく「南へ、南へ」と行進します。

Skanda01_2

              中央線ホームから山手線のホームを眺める

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

上野駅10番ホーム

大学に行くには上野駅で乗換えます。常磐線の中距離電車は9番線か10番線に止まります。

このホームは山手線・京浜東北線のホームに対して、北側(鴬谷方面)に大きくずれています。一番北側の陸橋の階段から下りても、この先まだ5-6両あります。

先頭の方に行けば座れる確率が高くなるので、夕方通勤客はこのホームに来ると、せっせと前に向かって早足で歩きます。

Sueno03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧