« 18歳成人と「成人式」(11) 成人式の起源 | トップページ | コント・接客を伴う飲食店チェリー »

2020年4月 9日 (木)

18歳成人と成人式(12)「成人の日」のルーツ

 成人式が行なわれる元となった「成人の日」は1948(昭和23)年の「国民の祝日に関する法律」によって定められました。この法律では「成人の日 一月十五日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」とあります。
 戦前の祝祭日には成人の日はないため、なぜ成人の日が祝日のひとつに入り、しかも1月15日なのかは不明な点が多くありました。今回、いろいろ調べてみて、成人の日のルーツが戦前の「青年記念日」にあることをが判明しました。
 今回の発見のきっかけは前回お話しした名古屋市連合青年団による成年式です。というのはこの成年式が11月22日の「青年記念日」に行なわれているのです。青年記念日とは、1930(昭和5)年11月5日の文部次官通牒「青年記念日ニ関スル件」によって定められています。11月22日は、10年前の1920(大正9)年のこの日に青年団の代表者が皇太子(昭和天皇)よりお言葉(令旨)を賜った日です。
  
 戦後の祝祭日の制定に当たっては、衆参両院の文化委員会で議論されます。1948(昭和23)年4月15日に政府より祝祭日の「暫定案」が示されます。この中に「9月23日 若人の日」があります。これを受けて、参議院の文化委員会が「11月23日 成人の日・若人の日」を提案します。11月23日は戦前の重要な祝祭日である新嘗祭の日であり、青年記念日の翌日に当たります。その後、当時日本を占領していたGHQの意向もあり、再度政府案が5月1日に示されます。ここには「正月三日 成人の日」とありました。そして最終的に「成人の日 1月15日」に落ち着くのです。
 なぜ1月15日なのか? 衆議院の文化委員であった受田新吉によると「元服が正月に行われた古来の例もあり、一月十五日は松の内と称してめでたい新年であり、若者の成育を祝うのにふさわしい」という理由です。

 すなわちこう考えられます。「11月22日 青年記念日」→「9月23日 若人の日」→「11月23日 成人の日・若人の日」→「1月3日 成人の日」→「1月15日 成人の日」。日付については二転三転していますが、成人の日のルーツが昭和5年の青年記念日にあることは間違いありません。

 成人の日はその後2000(平成12)年にハッピーマンデー制度により、1月15日から1月第2月曜日に移されました。1月15日という日付には特に根拠がなかったということでしょう。

[参考]熊谷辰治郎編(1942)『大日本青年團史』
    受田新吉(1948)『日本の新しい祝日』日本教職員組合出版部

 

|

« 18歳成人と「成人式」(11) 成人式の起源 | トップページ | コント・接客を伴う飲食店チェリー »

成人式」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 18歳成人と「成人式」(11) 成人式の起源 | トップページ | コント・接客を伴う飲食店チェリー »