« 公開講座「SDGs・居場所論」が紹介されました | トップページ

2017年8月 9日 (水)

『グローバル時代の「開発」を考える』発刊です!

副題は「世界と関わり、共に生きるための7つのヒント」です。

世界の状況を「幸せ」「豊かさ」「平和」「公正」「多文化共生」「参加」「居場所」の7つのキーワードで読み解くコンセプトになっています。

高校生でもわかるようにやさしく書きました。

Kaihatsu1


『グローバル時代の「開発」を考える-世界と関わり、共に生きるための7つのヒント』
西あい・湯本浩之(編著)木下理仁、近藤牧子、重田康博、田中治彦(著)
明石書店、2017年8月、2300円+税

Kaihatsu2


|

« 公開講座「SDGs・居場所論」が紹介されました | トップページ

ほん」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/65642574

この記事へのトラックバック一覧です: 『グローバル時代の「開発」を考える』発刊です!:

« 公開講座「SDGs・居場所論」が紹介されました | トップページ