« 環境教育とESD | トップページ | 18歳選挙権と市民教育の課題 »

2014年10月16日 (木)

多文化共生社会におけるESD・市民教育

4冊目は『多文化共生社会におけるESD・市民教育』です。

上智大学教育学科の教員が3か年にわたってこのテーマについて研究しました。その成果をテキストとして刊行しました。

同じ題名の授業が10月から始まっています。何と!180名もの学生が登録してくれました。

中身はかなり濃いです。例えば、最初の4章だけでも多文化教育に関する1冊の本に匹敵するくらいです。

私は、序章、終章の他「ESDの歴史と課題」について執筆しています。

Photo_4

田中治彦・杉村美紀編『多文化共生社会におけるESD・市民教育』上智大学出版・ぎょうせい、2014年9月、2000円+税

|

« 環境教育とESD | トップページ | 18歳選挙権と市民教育の課題 »

ほん」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

日本教育学会の『教育学研究』(82-3)で本書が図書紹介されました。会員の多い学会なので期待しています。

投稿: 田中治彦 | 2015年10月19日 (月) 10時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/60510308

この記事へのトラックバック一覧です: 多文化共生社会におけるESD・市民教育:

« 環境教育とESD | トップページ | 18歳選挙権と市民教育の課題 »