« コンピュータと人間 2 | トップページ | コンピュータと人間4 »

2013年4月23日 (火)

コンピュータと人間3

 電王戦の最終戦は大変な熱気のなかで始まりました。試合は淡々と進みましたが、後手のGPS将棋が攻めを始めてからは、三浦八段はもっぱら受けに回り、受けきれるかどうかが勝敗の分かれ道となりました。しかし、次第に配色が濃くなり午後7時には投了。三浦八段にとってほとんど見せ場がありませんでした。

 
 この結果は日本将棋連盟や将棋ファンにも深刻な波紋を広げつつあります。早ければ来年にも名人か竜王と対戦を組まねばならなくなりそうです。かつてボナンザと対戦し辛勝したことがある渡辺明竜王は自身のブログで「自分のところに回ってくるのは当分は先だと思っていました。その見解は甘過ぎたようです」と述べて、すでに覚悟を決めたかのようです。
 

 現在、名人戦の7番勝負が行われています。森内名人に羽生三冠が挑戦するという最高のカードです。名人戦は竜王戦と並んで将棋界の最高峰の戦いとされています。しかし、電王戦の後では名人戦に対する見方も微妙に変化するように思われます。この連休には折しも「世界コンピュータ将棋選手権」が東京の早稲田大学国際会議場で開かれます。今回のことがあったので、注目度は飛躍的に高まることでしょう。そして、名人戦について、果たしてそれは将棋界最高峰の戦いなのか、という一抹の疑問が浮かぶようにも思います。
 

 私が将棋のファンになったのは羽生さんがタイトル七冠を独占したときからです。いわゆる「羽生マジック」に魅せられたのです。私は将棋は指さず、ひたすら観戦するファンです。羽生さん以外の個性的な棋士の皆さん大好きです。将棋は勝ち負けがはっきりしていて言い訳がききません。棋士たちのその潔い生き方に共感したということもあるでしょう。
 

 羽生マジックとは、多くの人にとって「想定外」の指し手のことです。トップ・プロにとっても意外な手が現れて、しかもその手をきっかけに形勢が逆転したり、勝利が確実になったりします。羽生三冠の発想は全く柔軟で、多くの棋士の先入観を超えたところで、想定外の手をよく指されます。

 それは羽生さんという人間が指すから「想定外」であり、人々に驚きや感動を与えるわけです。ではコンピュータが人間の想定外の手を指したらどうでしょうか。これはコンピュータ将棋ではよく出てきていて、多くの場合は人間にとっては「意味不明」や「疑問手」なのですが、ときにはそれが重要な一手であることもあります。しかし、人々はそれを「ボナンザ・マジック」とか「ツツカナ・マジック」とは呼びません。コンピュータが人間の想定外の手を選ぶのは、ある意味では日常的な現象だからです。羽生さんという人間が指すから「マジック」なのであって、機械が指してもそうは言いません。
 

 ということは今後コンピュータ将棋の能力が高まっていくと、羽生マジックはへの評価はどう変わるのでしょうか。ひとつは羽生マジックの論理的根拠が明らかになり、人間側の指し手の価値がわかり評価が高まる、というストーリーです。その逆も考えられます。すなわち羽生マジックのような手はコンピュータにとっては日常茶飯事であって、それほど評価するような話でもない、と評価が下がる方向です。どちらに進むかは今後の将棋界を占ううえでも重要であると思われます。
 
 

|

« コンピュータと人間 2 | トップページ | コンピュータと人間4 »

科学・インターネット」カテゴリの記事

芸能・スポーツ・将棋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/57230695

この記事へのトラックバック一覧です: コンピュータと人間3:

« コンピュータと人間 2 | トップページ | コンピュータと人間4 »