« チョコレート展に行ってきました | トップページ | 開発教育アーカイブ研究会のお知らせ »

2013年2月16日 (土)

ロシアに隕石が落下しました

小惑星が地球に大接近ということで天文ファンがてぐすねひいて待っているときに、ロシアに隕石が落下しました。これだけ鮮明な映像を多数の人が撮っていたのは初めてのことでしょうから、ファンのみならず専門家の方々も興奮していることでしょうね。

隕石の爆発により1000人以上の人的被害が報告されました。これまでの記録を調べてみましたが、1954年にアメリカで女性の腰に隕石のかけらが当たったという1例のみでした。この点でも有史以来のことのようです。

|

« チョコレート展に行ってきました | トップページ | 開発教育アーカイブ研究会のお知らせ »

科学・インターネット」カテゴリの記事

コメント

今夜(2/18)のクローズアップ現代
でも、取り上げられていましたね。

「今回のような規模の隕石は前もって
わからなかったのかな?」という疑問
を持って見ていましたが、それはまだ
ムリだということがわかりました。

何でも、こうした小惑星帯からの物質は、
毎日見られる「流れ星」で直径数ミリ~数センチ、
6500年前に恐竜を滅ぼしたようなのは直径が
10km。

そして、今回のものは、直径17mとのこと。

現在、観測精度はあがってはいても、可能な
のは直径1kmより大きなものらしいので、
とてもとてもムリなのでしょう。

この観測できるサイズのものでも、
年間9000個もあるというのにも驚きました。


投稿: 森井哲也 | 2013年2月18日 (月) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/56777167

この記事へのトラックバック一覧です: ロシアに隕石が落下しました:

« チョコレート展に行ってきました | トップページ | 開発教育アーカイブ研究会のお知らせ »