« 開発教育の原点 | トップページ | 柔道とJUDO »

2012年7月31日 (火)

原鉄道模型博物館

7月10日に横浜にオープンしたばかりの「原鉄道模型博物館」に行ってきました。夏休みなので混んではいましたが、入場規制しているのでゆっくり見られました。

感想ですが、ジオラマを走る鉄道が大きいです。これは「1番ゲージ」といって実物の32分の1の模型です。私がもっているのがNゲージ、その上のクラスがHOゲージ、さらにOゲージ、1番ゲージとなります。

しかもこのジオラマでは、パンタグラフから電気を取り入れたり、線路が本当の鉄でできている、など実際の場面にできるだけ近づけるようにしています。館長の原さんは、世界的に有名な鉄道模型の収集家であり、制作者でもあります。御年93歳で、小学生のときから鉄道模型を自作していたとか。

1時間あれば展示をひととおり見られますが、できれば2時間くらいかけてじっくり見ることをおすすめします。

Haratrain

|

« 開発教育の原点 | トップページ | 柔道とJUDO »

鉄道・まちあるき」カテゴリの記事

コメント

NHKの「探検バクモン」
(7/25)でやってましたね。
それを見て、大変驚いて、
今回上京したおりに訪れてみたい
と思っていた場所のひとつでした。

混雑していそうだったので、結局
今回はパスして、鶴川にある
白州正子さん・次郎さんの旧居
(武相荘)を訪ねました。

でも、来年ぐらいには、この「原鉄道
模型博物館」に足を運んでみたいと思います。

投稿: 森井哲也 | 2012年8月 9日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/55328250

この記事へのトラックバック一覧です: 原鉄道模型博物館:

« 開発教育の原点 | トップページ | 柔道とJUDO »