« 金環日食-この日を50年待ちました | トップページ | 植毛式 »

2012年5月25日 (金)

太陽の大きさ

今回の金環日食に関する報道でわかったのですが、太陽の大きさはまだ正確には測定されていなかったそうです。これはけっこう驚きでした。理科年間によると太陽の半径は69万6000キロとなっていますが、これは1891年に測られたもの、1世紀以上前です。その後の測定でも誤差がどうしても100キロ程度はあるといいます。

要するに太陽は明るすぎて輪郭をとらえるのが難しいのですね。それで日食がよいチャンスとなるわけです。今回はベイリービーズ(月のへりの谷間を通ってぎりぎり漏れてくる光)を観測することで誤差わずか20キロという正確な値が出てきました。それによると太陽の半径は、69万6010キロだそうです。

このような正確な観測値が可能になったのも、日本が打ち上げた月観測衛星「かぐや」が月の山や谷の正確な高さを10メートル以内の誤差で測定したからです。

日本の衛星の測定と、日本で起きた日食により、1世紀ぶりに太陽の正確な大きさがわかるというのは、なんだかうれしいです。

しかも、今後太陽の大きさは変動するかもしれないので、この値がいわば基準値となって、今後さまざまな比較が行われることでしょう。未来にあっても必ず戻るべき原点みたいなものです。

ということで私はけっこう感動しているのですが、回りの人に話してもあまり反応してくれなくて・・

|

« 金環日食-この日を50年待ちました | トップページ | 植毛式 »

科学・インターネット」カテゴリの記事

コメント

太陽の大きさは地球の約100倍?
とかなんとか給食についていたマーガリン
かなにかに、昔、書いてあったような。。。

今、計算すると92倍ぐらいでしょうか?

たしかに、太陽の大きさだけでは、一般的には
感動しないかも知れませんが、それに感動
している人には、ひそかに感動してるかも知
れません。

というのも、何カ月か前ですが、
授業での雑談で、オリオン座のベテルギウス
の話をしたら、(前日TVで見て面白かったのを
そのまま伝えただけですが)けっこう高校生
にはうけていました。

そのときは、「高校生なら、やっぱりね」と
思っていたんですが、
たぶん、超新星の話よりも、それに興奮している
大人をみて、それが物珍しかったのかな?と
今になって。。。思いました。

投稿: 森井哲也 | 2012年5月25日 (金) 22時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/54796155

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽の大きさ:

« 金環日食-この日を50年待ちました | トップページ | 植毛式 »