« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

2012年5月25日 (金)

太陽の大きさ

今回の金環日食に関する報道でわかったのですが、太陽の大きさはまだ正確には測定されていなかったそうです。これはけっこう驚きでした。理科年間によると太陽の半径は69万6000キロとなっていますが、これは1891年に測られたもの、1世紀以上前です。その後の測定でも誤差がどうしても100キロ程度はあるといいます。

要するに太陽は明るすぎて輪郭をとらえるのが難しいのですね。それで日食がよいチャンスとなるわけです。今回はベイリービーズ(月のへりの谷間を通ってぎりぎり漏れてくる光)を観測することで誤差わずか20キロという正確な値が出てきました。それによると太陽の半径は、69万6010キロだそうです。

このような正確な観測値が可能になったのも、日本が打ち上げた月観測衛星「かぐや」が月の山や谷の正確な高さを10メートル以内の誤差で測定したからです。

日本の衛星の測定と、日本で起きた日食により、1世紀ぶりに太陽の正確な大きさがわかるというのは、なんだかうれしいです。

しかも、今後太陽の大きさは変動するかもしれないので、この値がいわば基準値となって、今後さまざまな比較が行われることでしょう。未来にあっても必ず戻るべき原点みたいなものです。

ということで私はけっこう感動しているのですが、回りの人に話してもあまり反応してくれなくて・・

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月21日 (月)

金環日食-この日を50年待ちました

 小学生の頃、我が家には小学館の百科事典がありました。私は事典を読むのが大好きで、たまたま日食の項目を見ていました。そこには日本列島の地図と今後予想される日食帯のマップが載っていました。

 日食は北海道で見られることが多いのですが、その中で一本東京を横切る帯がありました。それが2012年の金環日食でした。

 

 1964年頃のことです。東京オリンピックが開かれた年。小学生にとって2012年は想像もできないくらいの未来でした。何しろ鉄腕アトムが生まれるのが2002年です。自分が何歳になるのか、自分は生きているのか、そんなことも想像外でした。

 

 そしてついに2012年5月21日がやってきます。当日の天気予報は曇りですが、一応観測用のメガネを用意しておきました。前日も曇天でした。太陽はよく見えなくてもこのメガネをかけると太陽の輪郭がくっきり見えます。一縷の希望をもちました。

 

 前夜はなかなか寝付かれませんでした。ワインを飲んで寝ることにしました。でも寝過ごしてはいけないので目覚まし時計とケータイのアラームを6時にセットしました。目が覚めるとまだ2時、次も4時、外は暗いです。5時57分ばっちり起きました。

 急いでカーテンを開けるとそこは青い空。「神様ありがとう」。家から出ると、東の空には厚い雲。観測用メガネ越しでも太陽の形は確認できません。「まだ1時間以上ある・・」

 

 次はテレビです。各局が中継を始めています。「お台場では薄曇りの雲の中に太陽があります。欠け始めています」「なに!お台場で見えるならば茨城はもっと見えるはず」

 急いで外に出て空を見えました。ありました。右上が欠けた太陽が・・

 

 7時を回ると薄日が差すようになり、日食の様子がくっきりと。5分おきくらいにテレビとベランダの間を往復。いよいよ7時32分。

 

 見えます、見えます。ドーナツ状の金環日食が。やりました、ついに。雲が太陽の前を次々横切っていきますが、太陽ははっきり見えます。

 

 わずか5分余り、ドーナツは再び三日月のようになっていきました。小学生のとき、この金環日食をこのような状況で見るとは予想もしませんでした。

Kinkan0521


             雲の合間から見えた金環日食

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月11日 (金)

インカ帝国展に行ってきました

上野の国立科学博物館で公開中のインカ帝国展に行ってきました。

展示内容は考古、人類学、歴史に分かれているのですが、展示の量も適切で小一時間で回れました。

01
                          国立科学博物館HPより

何と言ってもマチュピチュの3D映画は特筆物です。コンドルの目で遺跡をめぐるのですが、とても迫力があります。

入場料1400円の価値はあります。6月24日までです。

Top_title1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年5月10日 (木)

猫ひろし問題について

カンボジアの代表としてマラソンでロンドン・オリンピック出場をめざしていた猫ひろしが、国際陸連から資格なしと認定されて、オリンピックに出場できなくなった。

猫は次のリオのオリンピックの出場をめざすという。

カンボジアの代表選手として出るというならば、国籍の取得だけでは十分ではないであろう。

最低限、

1.カンボジア語を習得する。

2.年の半分以上はカンボジアに居住する。

3.カンボジアに「骨を埋める」ことを表明する。

くらいのことをしないとカンボジア国民の期待を担っての代表ということにはならないのではないだろうか。

今回の騒動は日本とカンボジアの関係にとってもマイナスであると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年5月 5日 (土)

久々の原発のない日本

今日、泊原発が停止して日本のすべての原発が止まります。

おそらくこの夏は原発抜きですごすことになるでしょう。

あれだけの大事故を起こしていながら、旧態依然の手法で再稼働を訴えても受け入れられるわけがない。

「絶対安全」と「電力不足」とで、脅したりすかしたり・・

原子力村自体が発想の大転換をしなくては無理でしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »