« 日タイ協力による参加型学習マニュアル | トップページ | 『若者の居場所と参加-ユースワークが築く新たな社会』 »

2012年3月30日 (金)

『アジア・太平洋地域におけるESDの新展開』

アジア太平洋地域の国々におけるESDをまとめてご紹介した本です。

『アジア・太平洋地域におけるESD
〈持続可能な開発のための教育〉の新展開』

阿部治、田中治彦(編著)

明石書店、2012年3月刊、4200円+税

《目次》
第1部 アジア・太平洋のESDネットワーク(座談会)

第2部 アジア・太平洋の各国のESD
 東アジア 日本、台湾、韓国
 東南アジア カンボジア、タイ、インドネシア、マレーシア
 南アジア インド、バングラデシュ、ネパール
 南太平洋 フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島、パラオ、オーストラリア

Asia_pacific_esd


 

|

« 日タイ協力による参加型学習マニュアル | トップページ | 『若者の居場所と参加-ユースワークが築く新たな社会』 »

ほん」カテゴリの記事

タイ・世界」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/54344026

この記事へのトラックバック一覧です: 『アジア・太平洋地域におけるESDの新展開』:

« 日タイ協力による参加型学習マニュアル | トップページ | 『若者の居場所と参加-ユースワークが築く新たな社会』 »