« ふかしぎ写真館-笑える写真 | トップページ | 日タイ協力による参加型学習マニュアル »

2012年3月28日 (水)

『続・先住民族とESD』

今年に入ってからずっと悩まされ続けていた4つの出版物もようやくめどが立ちました。まずはESD教材の『続・先住民族とESD』です。昨年、好評であった『先住民族とESD』の続編として作られました。小学生にも実施できる教材として「あんな服こんな服」「シコツの500年」を収録しました。開発教育教材のなかでも5本の指に入るほど秀逸な教材です。

『続・先住民族とESD』目次
はじめに   
解説 先住民族をめぐる課題とESD教材 
教材1 あんな服こんな服 
教材2 シコツの500年  
コメント みんなが描く未来 

本教材の入手方法は「立教大学ESD研究センター」のホームページでご覧ください。

Zoku_senjuminzoku

|

« ふかしぎ写真館-笑える写真 | トップページ | 日タイ協力による参加型学習マニュアル »

ほん」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

「シコツの500年」読ませて
いただきました。

なんか、いろいろ想像できます。
また、いい教材ができてよかったですね。

ちなみにその「5本の指」は何なのか?
にも興味あります。

投稿: 森井哲也 | 2012年3月30日 (金) 20時09分

DEARの教材には秀逸なものが多いので5本の指では足りないのですが・・・
私が出会った教材の中で、あえて5つ選ぶならば・・
(年代順)

1.地球の仲間たち
2.100人村
3.レヌカの学び
4.援助する前に考えよう(恥ずかしながら)
5.シコツの500年

それぞれに理由があるのですが、いずれブログでご紹介ましょう。

投稿: 田中治彦 | 2012年4月 1日 (日) 11時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/54343892

この記事へのトラックバック一覧です: 『続・先住民族とESD』:

« ふかしぎ写真館-笑える写真 | トップページ | 日タイ協力による参加型学習マニュアル »