« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月30日 (金)

『アジア・太平洋地域におけるESDの新展開』

アジア太平洋地域の国々におけるESDをまとめてご紹介した本です。

『アジア・太平洋地域におけるESD
〈持続可能な開発のための教育〉の新展開』

阿部治、田中治彦(編著)

明石書店、2012年3月刊、4200円+税

《目次》
第1部 アジア・太平洋のESDネットワーク(座談会)

第2部 アジア・太平洋の各国のESD
 東アジア 日本、台湾、韓国
 東南アジア カンボジア、タイ、インドネシア、マレーシア
 南アジア インド、バングラデシュ、ネパール
 南太平洋 フィジー、バヌアツ、ソロモン諸島、パラオ、オーストラリア

Asia_pacific_esd


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月29日 (木)

日タイ協力による参加型学習マニュアル

『グローバリゼーションと参加型学習-アクション・リサーチ報告書』 

 開発教育協会とタイのISDEP(持続可能開発教育研究所)が5年間にわたって共同で行った参加型学習マニュアルの開発プロジェクトの最終報告書です。タイの若手のNGOワーカーの研修プロジェクトを実施しながら、参加型学習のテキストを開発しました。報告書には以下の11の参加型学習教材が収録されています。半分はDEAR、半分はISDEPが製作したもので、タイのみならず、アジア学院の研修にも活用されています。

 
 アクティビティ
 1 参加のはしご(DEAR製作)
 2 羊・豚・虎・ライオンの物語
 3 グローバリゼーションとコーヒー(DEAR製作)
 4 世界市場(貿易ゲーム)(DEAR製作)
 5 市場
 6 商品のブランド品
 7 風が吹く
 8 つながりの紐
 9 グローバリゼーションの中の私
 10 私と携帯電話(DEAR製作)
 11 パーム油(DEAR製作)

 この報告書は「立教大学ESD研究センター」のホームページでPDF版で提供されています。
 
 フロント・ページ「ESD研究センターの成果物」→「報告書」とお進みください。
 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

『続・先住民族とESD』

今年に入ってからずっと悩まされ続けていた4つの出版物もようやくめどが立ちました。まずはESD教材の『続・先住民族とESD』です。昨年、好評であった『先住民族とESD』の続編として作られました。小学生にも実施できる教材として「あんな服こんな服」「シコツの500年」を収録しました。開発教育教材のなかでも5本の指に入るほど秀逸な教材です。

『続・先住民族とESD』目次
はじめに   
解説 先住民族をめぐる課題とESD教材 
教材1 あんな服こんな服 
教材2 シコツの500年  
コメント みんなが描く未来 

本教材の入手方法は「立教大学ESD研究センター」のホームページでご覧ください。

Zoku_senjuminzoku

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

ふかしぎ写真館-笑える写真

Ssiisa

                シーサがピース(小浜島にて)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

ふかしぎ写真館-笑えない写真

那覇空港にて・・

Naha0223_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

ふかしぎ写真館-時計

Schula_clock

年末にバンコクのチュラロンコーン大学でいただいたおみやげの時計です。

タイにしてはしゃれた時計だと喜んでいたのですが・・・

   時間を合わせることができません!

   止まったあとに再び動かす手立てがありません!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月 3日 (土)

ふかしぎ写真館-アユタヤ遺跡

Sayutaya01_2

「湖水に浮かぶアユタヤ遺跡」

ではありません! ただの洪水です。

もとの遺跡の絵はがきも一緒に買わされました。

Sayutaya02

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

上智コミュニティ・カレッジのお誘い

4月から始まる上智大学コミュニティカレッジのお知らせです。
DEARの教材「援助する前に考えよう」のほとんどすべてのワークを体験できる講座です。

 
---転載歓迎--------------------

国際協力とPLA(参加型学習行動法)

上智大学コミュニティ・カレッジ[教養・実務講座0123]
講師 :上智大学総合人間科学部教授 田中 治彦
日時: 4月16日~7月23日(毎週月曜日 19:00~20:30、13回)
受講料 32,500円
テキスト: 『「援助」する前に考えよう-参加型開発とPLAがわかる本』(特活)開発教育協会(初回に販売)
内容:
前半では国際協力と開発教育の変遷を講義とワークショップでたどり、慈善型開発、技術移転型開発、住民参加型開発について理解します。住民参加型開発において欠かせない技法としてPRA(参加型農村調査法)ないしはPLA(参加型学習行動法)があります。
後半では、これらの技法の代表的なものについてワークショップ形式で実際に体験します。以上を通してファシリテーターとして最低限必要な知識と技法を習得することをめざします。これらの手法は国際協力の専門家のみならず、学校教員(総合学習、開発教育、ESD)や、まちづくりや企業のファシリテーターにとっても有効なものです。

問い合わせ:http://www.sophia.ac.jp/jpn/admissions/c_college
   TEL:03-3238-3551 FAX:03-3238-4310

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 1日 (木)

千昇、十両に昇進

3月11日から始まる春場所で、式秀部屋の千昇が十両に昇進しました。式秀親方としては初の関取です。というわけで、佐貫の駅前にもお祝いの垂れ幕が・・

Sensho2012_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »