« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月20日 (金)

人間とコンピュータ

NHKアーカイブで将棋の渡辺竜王対ボナンザの戦いを見ました。最後かなり追い詰められはしたのですが、人間の方がコンピュータソフトに勝ったということで、感動的な画面となっています。

この戦いが2007年。その後コンピュータ将棋の方も長足の進歩をとげて、ついに先週は元将棋名人の米長将棋連盟会長がボンクラーズに負けてしまいました。

米長会長の戦術は、徹底的に守りの堅塁を築いて、その後入玉をねらうものでした。将棋の勝負としては真っ向勝負とはいいがたい戦法なので、そうまでしないとコンピューターソフトには勝ち目がないのか、という感想をもちました。

来年は、現役プロ棋士5人とコンピュータソフト5台との大勝負が行われるそうです。チェスの世界で世界一のカルパロフがIBMのディープブルーに敗れたときと同じような衝撃が将棋界にはしるのでしょうか。

もしそうなれば、将棋というゲームそのものが変わっていく節目になります。さて、どうなるのでしょうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »