« 悲しいとき・・(23)空港編 | トップページ | 待つ身のつらさ »

2011年11月29日 (火)

式秀部屋の千昇が幕下優勝

龍ヶ崎にある式秀部屋の千昇が幕下優勝しました。6勝1敗が8人いて、3回勝ち抜きの優勝決定戦を制しました。次は何とかがんばって式秀部屋一号の関取になってほしいです。

息子の友達の友達という萩原君こと稀勢の里も大関に昇進しましたし、ここ牛久周辺はうれしいことが続いています。稀勢の里は32勝で昇進という負い目を感じずに、来場所で成績を残してほしいです。

Sensho
                千昇(sumoreference.comより)

|

« 悲しいとき・・(23)空港編 | トップページ | 待つ身のつらさ »

芸能・スポーツ・将棋」カテゴリの記事

コメント

相撲は好きで母とよくみますが、
先場所のお客さん(特に平日)
は、すくなかったですね。

思わず心配になって、高校生
のクラスで「すもうを見てる
人?」と訊いてみたら、ひとり
も手があがらず、驚きました。

小学校のときは、休み時間
にはいつもすもうごっこを
していた私はちょっと残念です。

投稿: 森井哲也 | 2011年11月29日 (火) 13時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/53362318

この記事へのトラックバック一覧です: 式秀部屋の千昇が幕下優勝:

« 悲しいとき・・(23)空港編 | トップページ | 待つ身のつらさ »