« 悲しいとき・・(16)空港編 | トップページ | 戦争は10年もたない »

2011年9月 9日 (金)

NHKクローズアップ現代「世界を変えた9.11~アメリカ同時多発テロから10年~」

 9月7日放送のNHKクローズアップ現代「世界を変えた9.11~アメリカ同時多発テロから10年~」を見ました。

 ここで論じられていたのは、9.11の後のアメリカは「テロとの戦い」を標榜した結果、テロとは関係のない世界の9割以上のイスラム教徒を敵に回してしまい、欧米社会とイスラム社会との亀裂を拡大してしまったということです。そして、9.11のもともとの根本的な原因であった「貧困」を直視しなかったため、10年たっても一向に火種を抱えたままで、問題解決には至っていない、ということでした。
 結論として宗教間民族間の寛容が大切であることと、貧富の格差の原因に向き合うことが述べられていました。

 これって、開発教育が目指してきた二大目標である「多文化の共生」と「公正な社会」のことですよね。まだまだ、開発教育が必要な状況が続くことでしょう。

 

|

« 悲しいとき・・(16)空港編 | トップページ | 戦争は10年もたない »

タイ・世界」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/52685851

この記事へのトラックバック一覧です: NHKクローズアップ現代「世界を変えた9.11~アメリカ同時多発テロから10年~」:

« 悲しいとき・・(16)空港編 | トップページ | 戦争は10年もたない »