« タイムマシンも可能?-光速より速い物質 | トップページ | イグ・ノーベル賞 »

2011年9月29日 (木)

胃カメラ初体験

胃カメラというと、飲み込むのがこわいイメージがあってこれまで避けていました。

最近、同じ年代の仲間が病気にかかったりするので、今年の人間ドックではバリウムではなく胃カメラで検診を受けることにしました。

最新の胃カメラは口から飲むのではなくて鼻から入れるのですね。これで「オエッ」という嘔く感覚がありません。また麻酔も注射ではなくて、鼻に流し込むだけ。

実際に検診が始まると、やはり鼻とのどを通過するときに違和感があります。でも画面を見られるので、とても楽しい。食道から胃、そして十二指腸までよく見えます。自分の十二指腸がピンクでひだひだもきれいで思わず見とれてしまいました(十二指腸美人というかイケメン)。

10分ほどで検査も終わりました。

これ、バリウムより楽かも・・空きっ腹にげっぷ薬のんでバリウム飲み込んで、ぐるぐる回転していると気持ち悪くなります。そしてその後もバリウムが出てくるまで何日かかかるし・・

|

« タイムマシンも可能?-光速より速い物質 | トップページ | イグ・ノーベル賞 »

科学・インターネット」カテゴリの記事

コメント

胃カメラは飲んだことがありませんが、
腸の方から胃の近くまではさかのぼって
カメラでみたことはあります。
つなげてみると、マゼランの世界一周みたい
になりそうですね。
「ヒトも一本の管ですよ」と誰かが言って
いたのを思い出しました。

投稿: 森井哲也 | 2011年9月30日 (金) 07時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/52864516

この記事へのトラックバック一覧です: 胃カメラ初体験:

« タイムマシンも可能?-光速より速い物質 | トップページ | イグ・ノーベル賞 »