« 開発教育の終焉? | トップページ | チェンマイで開発教育セミナー2 »

2011年8月21日 (日)

チェンマイで開発教育セミナー1

チェンマイで開発教育のセミナーを3日間やっています。

タイトルは「グローバリゼーションと参加型学習」です。集まっているのは、東北タイの人も含めて約30名。皆さん、NGOや村のリーダーたちです。

DEARや立教大学が関わるこのセミナーももう7年になります。最初は、主催者であるISDEP(持続可能開発教育促進研究所)のスタッフ研修に招かれて、私が「貿易ゲーム」を行ったのが2004年でした。以来、ほぼ毎年このセミナーをやっています。

これまで、DEARのほとんどの教材を紹介しました。パーム油、コーヒー教材、ケータイの一生、援助する前に考えよう、100人村、などなど。

これをタイ風に消化して、自前のものを加えて11のワークショップからなるハンドブック『参加型学習で世界を学ぶ』(タイ語)が昨年ISDEPによって発刊されました。

Sisdep02_2

|

« 開発教育の終焉? | トップページ | チェンマイで開発教育セミナー2 »

タイ・世界」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/52547018

この記事へのトラックバック一覧です: チェンマイで開発教育セミナー1:

« 開発教育の終焉? | トップページ | チェンマイで開発教育セミナー2 »