« ドキッとしました | トップページ | 四色問題 »

2011年8月10日 (水)

100人村ワークショップ

上智大学で教員の免許更新講習が開かれました。私たちの学科では「ESD」をテーマに2日間講義しました。私の講義では教材として「100人村ワークショップ」と「援助する前に」を紹介しました。

100人村はやはり大好評です。文化の多様性と貧富の格差の現実を伝えられる教材で、使える教科も国語、社会、道徳、総合と幅が広いです。それに、人権や平和を正面きってテーマにすることがはばかられる学校もあるらしいのですが、この教材ならば誰も文句を言わない、とか。

100nin

|

« ドキッとしました | トップページ | 四色問題 »

大学」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

ともすれば、
関心のある人が同じようなWSに何度も
出る傾向もありがちかな?と思うなか、

「免許更新」という(なんとか流星群みたいに)
降ってわいた偶然の機会に、さまざまな教師に
出会うことができる「100人村」や「援助する前に」
は幸運ですね。

人権や平和がテーマにしにくい学校もあると
いう話にも「文化の多様性」?を感じました。

投稿: 森井哲也 | 2011年8月11日 (木) 01時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/52441029

この記事へのトラックバック一覧です: 100人村ワークショップ:

« ドキッとしました | トップページ | 四色問題 »