« 被災証明書をもらってきました | トップページ | 玄海原発、ハードよりソフトの問題 »

2011年7月 7日 (木)

脅威のねばり

内閣支持率20%、震災対策大臣辞任・・・

普通なら即辞めてもおかしくないのに、菅さんのねばりはすごいですね。

いつの間にか、誰も辞めさせられない事態になっている。内閣不信任案は否決されて、今国会ではもう出せないし、参議院の問責決議案も「脱原発解散」が怖くてひっこめた。

それでは菅さんがメドという3法案が成立したら辞めるのか? これも疑問です。「新体制」すなわち内閣改造で3次補正をすると言い出しそうな気がします。

そうなると内閣不信任案を出すしか辞めさせる手段はない。しかしこれは一度使ってみて非常に評判が悪い。自民党の支持率は下がるし、小沢グループに至っては8割以上の人がその行動に疑問を呈している。

決め手は「脱原発解散」です。もう民主党でも自民党でも何でもよい。「脱原発組、この指とまれ」で解散すれば、まちがいなく「過半数」。

それに次の総理候補がいない。一時期名前が上がっていた人々ももう忘れ去られているし、何しろそうした話題すらマスコミに出てこない・・

かくて、9月以降も、あるいは来年も・・・

|

« 被災証明書をもらってきました | トップページ | 玄海原発、ハードよりソフトの問題 »

原発問題」カテゴリの記事

政治・市民・世の中」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/52142375

この記事へのトラックバック一覧です: 脅威のねばり:

« 被災証明書をもらってきました | トップページ | 玄海原発、ハードよりソフトの問題 »