« シャプラニールによる石鹸の販売 | トップページ | 被災した人、しない人 »

2011年5月21日 (土)

陸前高田の八木澤商店

立教のESDセンターでお世話になっていた方々を訪ねて陸前高田と気仙沼に行ってきました。

陸前高田の河野さんには昨年地元学のセミナーでお話ししてもらいました。八木澤商店という老舗のお醤油屋さんです。今回の震災で店舗は壊滅状態で醤油の醸造ができなくなりました。一度は廃業を考えたそうですが、社員たちが無給でもいいから再興しようということで続けることになりました。それどころか4月から採用予定であったお二人も断ることなく採用しました。こうしたことがテレビなどで放映されて、全国の見ず知らずの人から激励の手紙や品々が多数送られていました。

幸い流された樽から良質のままの麹が見つかり、また県の試験場に提供していた麹があったりして、代々続いてきた醤油をまた造ることができるそうです。それでも最初の醤油ができるまでには2年もかかるとか。

Yagisawa1

          津波を受けた元の店舗(陸前高田)

Yagisawa2

          仮の店舗で営業再開

|

« シャプラニールによる石鹸の販売 | トップページ | 被災した人、しない人 »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/51736648

この記事へのトラックバック一覧です: 陸前高田の八木澤商店:

« シャプラニールによる石鹸の販売 | トップページ | 被災した人、しない人 »