« 被災した人、しない人 | トップページ | 6月なのですが・・ »

2011年5月23日 (月)

ワークショップ・先住民族とESD

ワークショップのお知らせです。 

ESD研究センターでは、世界と日本の先住民族問題に関する指導者ハンドブックとして、『先住民族とESD』を制作しました。土地や言葉を奪われる過程をシミュレーションした「ティフ星人はパセリを食べる」を実演します。そして、世界の先住民族の課題と日本のアイヌをめぐる課題について語ります。
 ご来場の方には『先住民族とESD』を一冊贈呈いたします。

Sainuesd

主催: 立教大学ESD研究センター
日時: 2011年6月19日(日)  14:00 ~ 17:00
会場: 立教大学池袋キャンパス 12号館地下第1・2会議室

講師: 田中治彦(上智大学/ESD研究センター)
    小泉雅弘(さっぽろ自由学校「遊」理事)
    
参加費: 無料
申込と問合せ: ESD研究センター(チャリダー)
TEL:03-3985-2686/ Mail:esdrc@grp.rikkyo.ne.jp

|

« 被災した人、しない人 | トップページ | 6月なのですが・・ »

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/51739364

この記事へのトラックバック一覧です: ワークショップ・先住民族とESD:

« 被災した人、しない人 | トップページ | 6月なのですが・・ »