« 実家へ身を寄せる | トップページ | とりあえず生きてます »

2011年3月12日 (土)

2日目の帰宅難民

モノが倒れてこないところを選び池袋の実家の居間に寝る。しかし、余震が多くてあまり寝られない。

テレビをつけると状況がますます悪化している。昨夜は1000人程度の死者・行方不明者が予想されていたが、時間とともにその人数が増えていく。

竜ヶ崎は震度6強だったので家族の様子も心配なので、何とか今日中には帰らねばと思う。11時すぎ山手線が動きだしたという情報が。池袋周辺は通常の土曜日と比べるとそれほどの人手ではない。ビックカメラのお兄さんがケータイ大売り出しを連呼していたがむなしく響く。

上野行きのホームもここではそれほど多くない。幸い10分ほどで電車がきた。各駅でそれぞれ長い時間停車し、ついに田端で運転見あわせに。向い側で停車していた京浜東北線に乗換える。上野駅はまったく違う景色であった。乗客がホームにあふれだし、他のホームに行くことができない。かろうじて出口までは行けたのでいったん外にでる。

中央改札口は長蛇の列。外の通りまで延々と列が続く。帰宅難民がまだ家に帰れないのだ。テレビ画面に出てくる新宿駅とは大違いなのである。宇都宮線は動いていない。常磐線も一時間に一本程度。

私はあきらめてもう一度実家に帰ることにした。しかしもう上野駅構内には入れない。20分ほど歩いて本郷三丁目に。地下鉄は動いているので、そこから新大塚へ。

実家に着くと「兄貴また来たのか?」。また用事があって家から出直してきたと勘違いしたらしい。ちなみに、本日開かれるはずの「子どもの参画10周年シンポジウム」は昨夜のうちに中止に。

夕方、福島原発1号機の爆発の模様が画面に出る。なかなかつながらない電話ではあったが、家に電話して「一応避難の用意はしておくように。わかめとトロロ昆布を確保するように」。わかめとトロロ昆布は放射能の体内への取り込みを抑えるためである。本当はヨーソ液がよい。

風向きが北北東で10メートルの風の場合、福島原発からの放射能は3~4時間で竜ヶ崎に到達する。以前東海村の原発事故があった際に計算しておいたものである。東京には6~8時間であろうか。

夜8時。意を決して、実家を出発。動きがよい地下鉄を利用することとして、新お茶の水から千代田線に。綾瀬で運転を打ち切られるものの、すぐ向かいに我孫子行きの常磐線が。これで我孫子まで行ければ何とかなる、とほっとしたものである。

我孫子からはわずか2駅であるが取手行きの常磐線が。取手についたときは心の中でガッツポーズ。家にメールと電話をくり返し、車で迎えに来てもらうことに。ちなみに取手以北は不通なので、タクシー乗り場には長蛇の列。

とにもかくにも家にたどりついたのが11時近く。2日がかりの帰宅であった。

Sdscf2735

|

« 実家へ身を寄せる | トップページ | とりあえず生きてます »

東日本大震災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/51117395

この記事へのトラックバック一覧です: 2日目の帰宅難民:

« 実家へ身を寄せる | トップページ | とりあえず生きてます »