« ザック監督の気配り | トップページ | 校正という快楽 »

2011年2月 4日 (金)

大相撲、八百長事件

ここのところ大相撲界は不祥事が続いていて、あまり相撲のことは書きませんでした。

そろそろまた応援を始めようかなと思っていた矢先にこの事件。

本当に残念です。

|

« ザック監督の気配り | トップページ | 校正という快楽 »

芸能・スポーツ・将棋」カテゴリの記事

コメント

「八百長」ってなんでいうのかな?と思って辞書(広辞苑第5版)をみると、

(明治初年、通称八百長という八百屋が、相撲の年寄某との手合わせで、常に1勝1敗になるようにあしらっていたことに起るという)

とあって、意味の①に、

①相撲や各種の競技などで、一方が前もって負ける約束をしておいて、うわべだけの勝負を争うこと。なれあい勝負。

とありました。

う~ん、言葉の始めから「相撲」にからんでいますね。

「日本国語大辞典」では、その八百屋は長兵衛であると名前が出ていますが、いつから使われたかという初出は出ておらず、わからないようです。

推測できるのは、かなり昔からあったことで、特に相撲ではありがちなこととして、「羞恥」のことというよりも「周知」のことだったようです。

私はよくわからないんですが、
プロレスとはまた違うものを求められているんでしょうか?
また、(今の時代では)許されないという感覚に多くの人がなってきたのでしょうか?

投稿: 森井哲也 | 2011年2月 5日 (土) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/50777159

この記事へのトラックバック一覧です: 大相撲、八百長事件:

« ザック監督の気配り | トップページ | 校正という快楽 »