« 松の内もあけて | トップページ | 援助する前に考えよう »

2011年1月14日 (金)

タイガーマスク現象

児童養護施設にタイガーマスクを名乗ってランドセルを贈る行為がけっこう広がっています。テレビでどなたかがコメントしていましたが、「匿名ではやったことが知られない、実名で行うのは恥ずかしい。タイガーマスクの偽名で行うのが時代の雰囲気にあっているのではないか・・」というような内容でした。

いろいろ考えさせられます。今、国際協力の分野では寄付の額が全体的に伸びていません。その一因に「やりがいが感じられない」というのがあると思います。寄付する方は「古着を贈る」とか「学校を建てる」とか、わかりやすい行為に関心があります。

ところがアジア各地ではそのような寄付はもうあまり意味がない。各国のNGOも力をつけているので(日本のNGOより上というところも多い)、できればお金だけの支援にしてほしい。でもそれでは寄付する側はあまりやりがいが感じられないのです。

そんなことで悩んでいる日本のNGOも多いので、タイガーマスクみたいな何か中間的な存在を介することで、「やりがいもあり、実効性もある」支援のスタイルを発明できないか、と考えた次第です。

|

« 松の内もあけて | トップページ | 援助する前に考えよう »

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

斎藤@鞍山です。中国ではこのブログを開けなかったのに、日本に帰ってきたら開けました。やっぱり、当局にブロックされてましたか(;´д`)? タイガーマスク現象について、「識者」がいろいろコメントしますが、今回の「匿名」と「偽名」の違いが時代を反映というのは、どうかな?と思いました。今日の毎日新聞の「核心」という欄に、泉麻人氏の論が載っていて、おもしろいです。最初の人が「ランドセル」を贈り物に選んだのがよかった、という発想。それと、「行為そのものは善意でも、現象全般にどことなく薄気味悪いムードが感じられる」として、表面的な部分は「かい人21面相事件」と同じだ、と断じてます。こういう視点を提供出来るのはさすがだと思いました。

投稿: Key-chi | 2011年1月15日 (土) 13時42分

「やりがいが感じられない」という記述を興味深く
思いました。

給料、おこづかい、お年玉。。。とお金だけ動いても、
そこに何かしらの手ごたえというか、喜びがなければ
つまらないものになりますね。

誰が渡したのかもわからず、誰に渡ったのかも知らず、
何に使われたのかもわからない状態では、それほど
「やりがい」が湧くようには思えません。

喜捨のような考えもチャリティーのような考えも今の
日本人にはそれほど根づいてはいないと思います。

たとえば、年に一度会うか会わないかで話もしたことのない
?ような青年期の孫に、年金を貯めた虎の子を慣習的に
与えるよりは、ときおりTVに出てくるような本当に
大変な子どもたちに送りたいという年配の方は、これから
もっと増えるんじゃないかな?と予想しています。

子孫に美田を残さず。財産残したばっかりに子どもは相続でもめ、孫はパラサイトを決め込むのでは、いったいなんのための虎の子か?

なんて。。。思わないですかね。

人生の最期に身近な世間を離れてもっと大きなものにつながりたい。。などと遅まきながら?も思う人が多くなるような気もします。


投稿: 森井哲也 | 2011年1月16日 (日) 19時38分

初めてコメントさせて頂きます。

今回の現象、私も何となく「薄気味悪い」と感じている一人です。もちろん皆さん善意でやっていらっしゃることは間違いないと思いますし、又恐らく日頃から「何か世の中の役に立てないか」と考えていらっしゃった方が、一番最初の「伊達直人」さんの行いを見て
「ああ言った形なら自分も出来る!」と共感し、その輪が広がっているのだと思います。

しかし報道が過熱し、タイガーマスクを被った人物が寄付を置いて車で逃げて行く、などと言うヤラセ臭い映像まで放映されたのは、如何なものかとました。

贈られたランドセル他は必ず役に立つので、昔流行った「幸福の手紙」「不幸の手紙」なんかに比べればずっといいことですし、このような現象が一過性でなく続いて行けば、きっと「薄気味悪く」なくなるでしょう。

ともあれ、毎朝どこかで電車を止める「人身事故」、毎日報道される詐欺や人殺しの話よりは、こう言った話題の方がいいことは確かですね。

投稿: まりお | 2011年1月16日 (日) 21時50分

お詫びと訂正:

先日、コメント欄に「子孫に美田を残さず」と書きましたが、あとで調べてみたら、「児孫のために美田を買わず」(西郷隆盛)でした。
意味はよく似ていましたが、表現が違っていました。トホホ。ちょっと自信がないときは手間を惜しんではいけませんね。いや~、コメント欄といえど気持ちを込めんと。

ただ、環境や食糧問題を考えると、子や孫のためにも「美田」を残しましょう。

投稿: 森井哲也 | 2011年1月17日 (月) 14時24分

今朝(1/21)の朝日新聞文化面に

「助け合いへの共感増幅」西田亮介
さん(公共政策)という方の
「タイガーマスク現象」に関するものが
載っていました。

「欧米型の寄付の導入と既存制度の
修正も重要だが、人々は新しい寄付の
手段を求めている」

「そのひとつのカギは、匿名で寄付を
行うことができるインターネット
サービスの活用と普及にあるのかもしれない」

国民を巻き込む寄付や社会参加の新しい方法
を考えたいとも結ばれていました。

投稿: 森井哲也 | 2011年1月21日 (金) 09時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/50584394

この記事へのトラックバック一覧です: タイガーマスク現象:

« 松の内もあけて | トップページ | 援助する前に考えよう »