« 笑っていいかも-SHOW1グランプリ | トップページ | 世界ゲーム革命 »

2010年12月12日 (日)

ESDカリキュラムとは?

土曜日に立教大学で「今求められるESDカリキュラムとは?」と題するセミナーがありました。

もともとは『開発教育で実践するESDカリキュラム』(学文社)の出版記念セミナーをしようということだったのですが、国際理解教育学会のカリキュラムや、ユネスコの動向なども交えて、幅広い議論ができました。

このような地味なセミナーにもかかわらず40名もの方々が集まっていただき、熱心に議論に参加してくれました。

私の感想ですが、「やはり10年の月日は重い」ということです。2000年のときに開発教育カリキュラムを提起したのですが、このときは「カリキュラム観の転換」だけで精一杯。そこでつまづいてしまって、なかなか開発教育まではいきませんでした。

土曜日の参加者の中には、学習者中心でらせん的なカリキュラムにとまどう人はいませんでしたから・・

このセミナーの報告はいずれ立教大学ESD研究センターのホームページ上で行わせていただきます。

|

« 笑っていいかも-SHOW1グランプリ | トップページ | 世界ゲーム革命 »

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/50289493

この記事へのトラックバック一覧です: ESDカリキュラムとは?:

« 笑っていいかも-SHOW1グランプリ | トップページ | 世界ゲーム革命 »