« 世界ゲーム革命 | トップページ | 2010年は国際青年年? »

2010年12月27日 (月)

M1グランプリ-笑い飯優勝!

今年のM1グランプリは「笑い飯」が優勝しました。毎回優勝候補に上げられながら9度目の正直です。

最終戦に残った3組。昨年優勝のパンクブーブーは、決勝の1本目のネタと同じスタイルな上に、二番煎じのネタ。忙しすぎて、ネタを作る時間も余裕もなかったのでしょうね。

笑い飯は、1本めが昨年話題の「鳥人」の流れで「サンタウロス」 。これは面白かった。2本めの「小銭の神様」はちょっと迫力に欠きましたがまずまずまとめてきました。笑い飯はいつも2本めでこけてましたから。

優勝は逃したものの、今年の最大の注目は「スリムクラブ」。最初出てきたときに、話し方がエンタの神様に出ていた「フランチェン」と似ているな、と感じましたが、やはり同一グループでした。フランケンシュタインのメイクをしていたし相方は声だけだったのでわからなかった。

このグループは間の取り方が絶妙で、沈黙しているときにどんどん客席の笑いが増えていく。4分間にできるだけネタを詰め込むという従来の勝ちパターンとは、全く逆でとても新鮮でした。

優勝はどちらになってもおかしくなかったのですが、判定は4対3で笑い飯に。9年間の実績も大きいですからね。

M1は今年で終わりだそうですが、来年はどういう形で行われるのでしょうか。楽しみです。

|

« 世界ゲーム革命 | トップページ | 2010年は国際青年年? »

芸能・スポーツ・将棋」カテゴリの記事

コメント

M-1グランプリ、私も今年が最後と聞いて、見始めたんですが、田中先生のようには楽しめなくて、最初の2組ぐらいで
他の番組に変えてしまいました。(もっと見たら良かったのかな?)なんか、会場の人と一緒に笑えない。。。

「エンタの神様」も生徒が「先生、エンタの神様に出てませんか?」と真剣に聞いてきたので、チラッと見ましたが、そこでも自分のような人?は発見できませんでした。

モノマネ番組も、まねされる方のオリジナルを知らないと、面白さがほとんど湧きませんね。

ひとことでいうと、「笑うのって、けっこう難しい!」です。
本当に腹の底から笑った記憶が。。。あまりないなあ。。。というか記憶にないような。(う~ん、志ん生や枝雀の落語ぐらい?。。。)

だんだん、笑えないだろうなあと思って見るので、余計に今どきの笑いから遠ざかってしまうようです。


投稿: 森井哲也 | 2010年12月30日 (木) 19時49分

ふ~む

笑いにもリテラシーがあるのですね。

投稿: 田中治彦 | 2010年12月31日 (金) 09時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/50412616

この記事へのトラックバック一覧です: M1グランプリ-笑い飯優勝!:

« 世界ゲーム革命 | トップページ | 2010年は国際青年年? »