« 自分の妻を一文字で表わすと・・ | トップページ | 稀勢の里やったね »

2010年11月14日 (日)

セミナー・今求められる「ESDカリキュラム」とは?

立教大学ESD研究センター主催のセミナーのお知らせです。これ以上ないレベルのメンバーによるESDカリキュラム論です。

開発教育・ESD業界では、今年最後にして最大のイベントになるかも?

-----------------------

今求められる「ESDカリキュラム」とは?

 「国連持続可能な開発のための教育の10年」も中間年を過ぎて、今後に向けての新たな展開が期待されている。この間、開発教育協会および日本国際理解教育学会より、ESDに関連した新しいカリキュラムが提示されている。それぞれのカリキュラムを検討しながら、今後現場において求められるESDカリキュラムとは何なのかを追求する。
 
日時 2010年12月11日(土)14:00~17:30
場所 立教大学池袋キャンパス10号館 X104教室
主催 立教大学ESD研究センター

プログラム

1.あいさつ 田中治彦(立教大学ESD研究センター、上智大学)

2.ワークショップ-ESDカリキュラムのイメージ 石川一喜(拓殖大学国際開発研究所)

3.パネルディスカッション  
 発題者 開発教育・ESDカリキュラムから  小貫仁(拓殖大学国際開発研究所)
     国際理解教育カリキュラムから    藤原孝章(同志社女子大学)
     ユネスコの動きとESDカリキュラム 永田佳之(聖心女子大学)
 司会  山西優二(早稲田大学)
    
4.ディスカッション

●参考文献
 開発教育協会編『開発教育で実践するESDカリキュラム』学文社
 日本国際理解教育学会編『グローバル時代の国際理解教育』明石書店

●参加費 無料(要予約)

●申込み:立教大学ESD研究センター メールまたはファックスで下記までお申込み下さい。
〒171-8501 豊島区西池袋3-34-1
TEL&FAX:03-3985-2686
E-mail: esdrc@grp.rikkyo.ne.jp
●交通アクセス:http://www.rikkyo.ac.jp/access/(池袋駅西口徒歩10分)

|

« 自分の妻を一文字で表わすと・・ | トップページ | 稀勢の里やったね »

ほん」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/50024235

この記事へのトラックバック一覧です: セミナー・今求められる「ESDカリキュラム」とは?:

» ケノーベルからリンクのご案内(2010/11/15 09:07) [ケノーベル エージェント]
豊島区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]

受信: 2010年11月15日 (月) 09時07分

« 自分の妻を一文字で表わすと・・ | トップページ | 稀勢の里やったね »