« コンピュータ 対 将棋 | トップページ | 『希望難民ご一行様』(光文社新書) »

2010年10月20日 (水)

悲しいとき・・(12)

自転車をこいでいたら、耳たぶに何かが当たって、そのあと耳の中でゴソゴソ動く音がしたとき・・

つまみ出そうとして指を入れたら奥に落ちるかもしれない、とか、つぶしてしまって汁が出るのはいやだ、とか、あれこれ考えても名案が見つからないとき・・

耳の中を縦横無尽にガサゴソ動き回られて、やがて出ていくまでの数分間が、一時間にも感じられたとき・・

|

« コンピュータ 対 将棋 | トップページ | 『希望難民ご一行様』(光文社新書) »

悲しいとき・・」カテゴリの記事

コメント

そういう経験はないんですが、
部屋を暗くして、懐中電灯の光で誘い出す・・・なんて、誰かが言っていたような気がします。

虫が体の中入って、しばらくごそごそしている不快感。。。宮澤賢治の「よだかの星」にもそんなシーンがあったのを思い出しました。

投稿: 森井哲也 | 2010年10月20日 (水) 19時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/49793989

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいとき・・(12):

« コンピュータ 対 将棋 | トップページ | 『希望難民ご一行様』(光文社新書) »