« 悲しいとき・・(10) | トップページ | 羽生さんの講演会 »

2010年7月29日 (木)

先住民族・アイヌをめぐる課題と開発教育

毎年夏には開発教育全国研究集会が開かれます。今年は、東京の広尾にあるJICA地球ひろばで、8月7~8日に行われます。私は、7日のワークショップと、8日の課題別分科会を担当します。

--------------------

第28回開発教育全国研究集会
(会場:JICA地球ひろば=東京・広尾)
2010年8月8日(日) 

14:20~16:50 課題別分科会
 先住民族・アイヌをめぐる課題と開発教育

コーディネーター:小泉雅弘((特活)さっぽろ自由学校「遊」)、田中治彦(上智大学)
ゲスト:上村英明(恵泉女学園大学)、北原きよ子(関東ウタリ会)

  アイヌをめぐる課題は、北海道の一地域の問題としてではなく、日本全体の問題として捉えないと解決への展望が開けない局面にきています。しかしながら、北海道以外ではアイヌの人口も少なく、この課題への認識も薄いのが現状です。一方で、開発教育は「遠い南」の問題を理解するためのさまざまな手法や、この問題の理解を促進するための学習活動のリソースをもっています。先住民族をめぐる課題、とりわけアイヌをめぐる課題を整理して、今後、開発教育として何ができるのかを一緒に考えていきます。
 
詳細は「開発教育協会ホームページ」へ
http://www.dear.or.jp/zenken2010/index.html

|

« 悲しいとき・・(10) | トップページ | 羽生さんの講演会 »

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

『開発教育で実践するESDカリキュラム』 がついに刊行されたのですね。私たちの実践「反貧困学習」がESDの中でどう位置づけられているのか興味津々です。現物を見ずして明日からJICAの教職員研修でタンザニアに行ってきます。小貫先生ともいつかお会いできるのを楽しみしています。

投稿: 肥下@シャプラ@西成高校 | 2010年8月 1日 (日) 16時16分

もちろん田中先生とも再会を楽しみにしています。

投稿: 肥下@シャプラ@西成高校 | 2010年8月 1日 (日) 16時19分

肥下さん、
ESDカリキュラムの本ではお世話になりました。
おかげさまで読み応えのある内容となりました。
肥下さんの論文は最後の章なのですが、この本は終わりからさかのぼって読むとよいのではないか、と思われるくらい、尻上がりに迫力が出ています。
帰国されたらさっそくご覧ください。
それでは体にはくれぐれもお気をつけて、いってらっしゃい。

投稿: 田中治彦 | 2010年8月 1日 (日) 22時45分

田中さん、シャクシャイン記念館でお世話になりました、首都大学東京の高野です。
「開発教育協会 アイヌ」で検索したところ、田中さんのブログを拝見することができました。

8月8日の分科会楽しみにしています!

投稿: 高野菜穂子 | 2010年8月 2日 (月) 12時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/49010831

この記事へのトラックバック一覧です: 先住民族・アイヌをめぐる課題と開発教育:

« 悲しいとき・・(10) | トップページ | 羽生さんの講演会 »