« 私のストレス解消法 | トップページ | 「日本のユースワークの課題」アップしました »

2010年5月 6日 (木)

古河庭園と足尾銅山

昨日は連休も終わりということで、今年90になる父を誘って西ヶ原にある古河庭園に行ってきました。ちょっと暑いくらいでしたが、風はさわやかで、気持ちのいい散歩でした。西洋風の庭園のツツジが目にまぶしいくらい。4月が寒かったのでバラはほとんど開いていないのが残念。

日本庭園も見事ですね。「心」という字を形どっています。池ではコイや亀がゆうゆうと泳いでいました。

古河邸に入るには事前の予約が必要とのことであきらめていたのですが、客人の応接間がコーヒーショップになっていて、ここには入れます。一度は入りたかったという父は大喜び。天井が高くて、暖炉もあり、おいしいコーヒーを楽しみました。

ところで、このお屋敷の主であった古河市兵衛は古河鉱業の創始者。環境教育の授業をするために足尾鉱毒事件を調べていたときに出てきた、原因企業です。谷中村や足尾町にも行ったことがありますが、一方で大変な人災を起こしながら、こんな優雅なところに暮らしていたのか、と複雑な気持ちになりました。

市兵衛の妻であるタメさんは、世間がなぜ足尾のことで騒ぐのかを知りたくて、屋敷の者を被害者の集会にもぐりこませました。そして現実の被害を知り、悲観してしまいます。翌日に神田川に入水自殺。

その10日後に田中正造による天皇直訴事件が起きています。被害者の会の集会が開かれた場所は私もよく出入りしていた神田の東京YMCAとあって、非常に興味をかき立てられました。タメさんのことを少し調べてみようかと思っています。

Furukawa

                         東京都公園協会のHPより

|

« 私のストレス解消法 | トップページ | 「日本のユースワークの課題」アップしました »

鉄道・まちあるき」カテゴリの記事

開発教育・ESD」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/48284114

この記事へのトラックバック一覧です: 古河庭園と足尾銅山:

« 私のストレス解消法 | トップページ | 「日本のユースワークの課題」アップしました »