« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月31日 (月)

忙中閑あり

今日は開発教育カリキュラムに関する新刊書の原稿の最終締切日です。

土曜日に開発教育協会の総会があったのですが、その席でも「新しい開発教育カリキュラムの本が8月の全国研究集会で発刊されますよ」と大々的にアナウンスしてきました。

ところが、まだ3本の原稿が来ていないのですね。午前中はその他の原稿すべてに最終的に手を入れるのに忙しかったのですけれど・・

来ない以上、作業が進みません。外部に依頼した原稿はすべてそろったのですけどね。

書いていないのが開発教育の明日をになう若手3人集なので、あまりいじめるわけにもいかないし・・

というわけで、午後から手持ちぶさたです。

cf.

「石川的徒然草」http://daikichi-sun.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-5638.html

「おぬきブログ・広場の日常」http://jinonuki.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/post-127d.html

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

悲しいとき・・(7)

昨日、久しぶりに牛久まで乗り過ごしました。幸い10分後に上りが来たので、すぐに帰れてよかったです。でも一駅乗り過ごすなどというのは日常茶飯事(^^;)ですから、こんなことくらいでは「悲しいとき・・」シリーズには入る資格がありません。

本当に悲しいとき・・とは、こういうことを言うのです・・

悲しいとき・・(7)

200×年2月某日・・ほろ酔いの上野駅・・10時30分発のフレッシュひたちに乗車

我孫子のあたりで不覚にも寝てしまい、「本日はフレッシュひたち65号にご乗車ありがとうございます。次は石岡、いしおかー」のアナウンスで目を覚ましたとき・・

事態が飲み込めず、回りを見回すと、満員だった車内に人が誰もいないとき・・

ケータイの「乗換案内」で「石岡→佐貫」を検索すると、「石岡4時59分発」と出たとき・・

しかたがないので水戸まで行って、JRが経営するホテル・メッツのツインの部屋にひとりで泊まったとき・・

翌朝、家に帰ったが、家族の誰も同情してくれないとき・・

(「牛久のうなぎ」より http://www2.rikkyo.ac.jp/web/htanaka/97/unagi01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月28日 (金)

上智大学に着きました

Sjochi03

四ッ谷駅前の大通りの信号を渡ると、そこに上智大学があります。ここにある門が正門と思われがちですが、実は「北門」です。でも駅から最も近いので、人の出入りが多いです。

正門は土手沿いの道を少し歩いたところにあります。位置から言うと西側です。

Ssophia03

これが正門。高い木が多いです。右側が1号館、昔の面影を残している建物です。左側が2号館。大学の事務機能やレストランなどがあるメインの建物です。私はこの建物に住んでいます。

今日、金曜日は3コマもあり、メインの出講日です。3限の生涯教育概論には190名もの学生が来ています。4限と5限は、教育学科の3年生と4年生のゼミです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年5月27日 (木)

四ッ谷駅

上智大学は四ッ谷駅の目の前にあります。

四ッ谷駅には総武線と中央線の快速が停車する他、地下鉄の丸の内線、南北線も入っていて、とても便利な駅です。

Syotsuya01

ただ、この駅もとまどうことがあります。それは、どちら向きの電車に乗ったらいいのか錯覚することがあるからです。東がお茶の水方面、西が新宿方面なのですが、JRの四ッ谷駅はほぼ南北向きなのです。すなわち、お茶の水方面から来ると市ヶ谷から左にカーブして四ッ谷に入ります。そして、四ッ谷を出ると右に大きくカープしてトンネルに入り信濃町に向かいます。

JRで新宿に行くときには、南に向いている電車に乗るのですが、一方丸の内線で新宿に行くには反対の北向きの電車に乗らねばなりません。この辺が、とまどいの原因です。

Syotsuya02_3

   四ッ谷駅

  JRで新宿に行くには南向きの電車に乗るが、丸の内線で新宿に行くときには北向きの電車に乗る

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月26日 (水)

神田駅

上野から大学がある四ッ谷に行くには神田駅で乗換えます。距離的に言えば秋葉原で総武線に乗換えるのがいいのですが、これは各駅停車なので、快速が停車するお茶の水駅で再度乗換えになり、めんどうです。それに秋葉原駅の乗換えは複雑でまちがえやすい。

ただ神田駅乗換のデメリットもあって、ここには日中、京浜東北線が停車しません。それで山手線で行くことになります。

この駅でもホームの位置が気になります。山手線の東京方面(南行き)のプラットホームが北側(秋葉原側)に大きくずれているのです。そのため、上野から行くときには、できるだけ前の方に乗るようにします。上野駅でも南に向かって歩きますから、朝通勤するときはとにかく「南へ、南へ」と行進します。

Skanda01_2

              中央線ホームから山手線のホームを眺める

     

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月25日 (火)

上野駅10番ホーム

大学に行くには上野駅で乗換えます。常磐線の中距離電車は9番線か10番線に止まります。

このホームは山手線・京浜東北線のホームに対して、北側(鴬谷方面)に大きくずれています。一番北側の陸橋の階段から下りても、この先まだ5-6両あります。

先頭の方に行けば座れる確率が高くなるので、夕方通勤客はこのホームに来ると、せっせと前に向かって早足で歩きます。

Sueno03

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

常磐線佐貫駅

自宅の最寄り駅の佐貫(さぬき)駅です。ここから通勤します。

佐貫といってもわからない方が多いので、説明するときは牛久のひとつ手前といいます。あるいは取手の二つ先とも。

上野までは普通で50分、快速で40分くらいです。牛久というと遠いイメージがあるようですが、最近は常磐線も速く走るようになりました。つくばエクスプレスと競っているおかげでしょう。

不思議なことに佐貫駅は写真にように大きくカーブしています。カーブしているホームというのは、車両とホームにすき間ができるので、安全上あまり望ましくないはずです。

Ssanuki01

この辺は牛久沼のほとりで、空き地はたくさんあったはず。北側にはまっすぐ線路が伸びているので、わずか200メートルくらい北側に駅を作ればよかったはず。できた当時はここは田んぼか原っぱでした。

理由はよくわからないのですが、おそらく「関東鉄道竜ヶ崎線」との接続ではないかと思います。竜ヶ崎市の中心街は駅から東に3キロほどのところにあり、そこまではわずか2駅のみの竜ヶ崎線が走っています。何でも、常磐線の開通のときに住民が「陸蒸気」に反対して市街地に駅を作らせなかったとか。よくある話しですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月23日 (日)

悲しいとき・・(6)

立教大学の近くのカウンターしかないラーメン屋。昼休みで店内は満員。

悲しいとき・・

ラーメンにかけた胡椒が多すぎて、玉状の胡椒がのどにひっかかって呼吸ができなくなったとき・・

苦しくて立ち上がり、壁に向かって両手をついてあえいでいるとき・・

お客さんは見て見ぬふりをしていて、店のおばさんだけが「お客さん大丈夫ですか」と声をかけてくれたが、ぜんぜん大丈夫でないとき・・

やっと胡椒が溶けて、かろうじて息をすることができて、席にすわり直したが・・店内の話し声がなくなっていて、ラーメンをすする音だけが響いているとき・・

(汗)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

締切に関する人間学的考察

我々「もの書き族」にとって一番恐いのが「締切」

締切についてはおおまかに3種類の人がいると思います。

まず、締切は絶対に守る人。できれば一日でも早く出そうという人。

偉い! 編集者にとってはもっともありがたい人々です。

次に、守ることもあるけれど、少し遅れる人。

普通です。こういう人のために編集者は余裕をもって締め切り日を設定します。本当の締め切りのどれくらい前に設定するのがよいのか、これは編集者の腕の見せ所です。相手によって締切日を変えるという高度な技の使い手もいます。

最後に、締め切りがあろうがなかろうが大幅に遅れる人。

没!です。こういう人が本当に困ります。さらにこの人種には2種類いて、遅筆タイプと、仕事受けすぎ多忙タイプとがあります。

私はどのタイプかって?

・・・締め切りがきたら、そろそろ始めるタイプです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

ややてんぱってます

開発教育協会から依頼があった18歳成人の原稿は昨日やっと出したのですが・・

この8月に出版予定の『ESD・開発教育カリキュラム』の本の編集が最終段階で・・

来年春に出版する予定の『新・居場所の構想』の企画のつめがありまして・・

ややてんぱってます。

頭が痛いのは・・そのせいか・・昨夜の飲みすぎか・・

ps.記念すべき最初のトラックバックが付きました。うれしいですね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月19日 (水)

羽生さん名人位防衛

将棋の名人戦は羽生さんが、三浦八段に4勝0敗で勝ち、7期めの防衛に成功しました。もうすぐ40歳というのに、ますます冴え渡っています。

さて、このところブログが書けていません。実は先週締切の原稿がありまして・・・ネタはいろいろあるのですが・・・

原稿出さないのに、ブログは書けるのか、とか言われるのがこわくて・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

室俊司先生の思い出

昨年9月に亡くなった立教大学名誉教授の室俊司先生のお別れの会が、昨日立教大学のチャペルで行われました。

室先生には大学院時代に「婦人教育」の授業でお世話になって以来のおつきあいです。社会教育一筋で来られた方で、大学以外でも公民館やカルチャーセンターにもよく顔を出しておられました。NHKの「こんにちは奥さん」という番組(現在の生活ホット・モーニングの時間帯)でレギュラーを務めていたこともありました。そのため、主婦の間の人気ランキングで並みいる芸能人を押しのけて3位に入ったというのも先生のひとつの自慢でした。

33年間立教大学に努めておられたのですが、私がその後任に決まったときにとても喜んでいただきました。その後も日本女子大学で教えておられて、学会などでしばしばお目にかかったのですが、一昨年、文学部50周年の懇談会でお会いしたのが最後になってしまいました。

もっといろいろお話ししたり、お教えいただきたいこともあったのですが、今はそれもかないません。ご冥福をお祈りします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

上智大学のホームページが更新されました

新年度に合わせて上智大学のホームページが更新されました。私もようやく学科スタッフとして名前が出ました。

教育学科のスタッフは8人。内4人が「異文化教育」「国際教育」「開発教育」「教育開発」という国際関係の専門です。とくに、開発教育と教育開発の二人をもっている教育学科というのは全国的にもまれではないでしょうか。

 「上智大学」→「教育プログラム」→「総合人間科学部」→「教育学科」→「教員情報」とお進みください。

 http://www.sophia.ac.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月14日 (金)

アバターともののけ姫(続き)

アバターといえば、3Dで話題を呼びました。その感想です。

確かに3Dでは遠近感がでますので迫力は増します。とくに見始めた頃は感動します。

ただ、3Dを見るためには特別のメガネが必要です。このメガネをかけると、画面が暗くなるという欠点があります。せっかくの鮮やかな色彩がくすんでしまう。メガネをかけているときの重さも気になるところです。私の場合、眼鏡の上にメガネなので余計に気になりました。

3Dを初めて見たのはつくば万博のときでしたから、あれから四半世紀たってようやく実用化されたのですね。メガネの問題が解決されれば、すばらしい試みと思います。

「アバター」という用語はあまり聞き慣れないので、辞書で調べてみました。「神の化身」という意味のサンスクリットが語源でした。あまり使われない用語でしたが、ネット・ゲームの中で、自身の分身としての主人公をアバターと呼ぶようになって、普及した感じです。私は「セカンド・ライフ」という有名なネット・ゲームをのぞいたときにこの用語を知りました。ただ、セカンド・ライフには手を出していません(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月13日 (木)

悲しいとき・・(5)

研究費で買う本というのは、中にはすぐに読む本もあるが、いつか読むだろう、とか、学生の卒論のためにそろえておこう、といった周辺部分の本も多い。いつか読む・・が、結局読まれない、とか、学生も使わない、などもしばしば・・・そこでこんなに悲しいことがおきる・・

悲しいとき・・

新しく本を買ってきて、研究室の棚に置こうと思ったら、同じ書名を本棚に見つけたとき・・

しかたがないので、家に持って帰って、自分の書棚におこうとしたら・・

同じ本を見つけたとき・・

この話を同僚にしたら、「2冊同じ本を買うことはあるが、3冊はありえない。年とった証拠だ」と言われたとき・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月12日 (水)

アバターともののけ姫

あまり映画を見る機会がないのですが、テーマが「もののけ姫」に近いという話しを聞いて「アバター」をつくばの映画館に見に行きました。

環境破壊で住みにくくなった地球の移住先の候補として惑星パンドラに進出し、さらにそこにある高価な希少資源を採掘しようとする。しかし、そこは惑星の住民ナヴィの居住地である、という設定です。

キャメロン監督自身が宮崎アニメのファンであると言っているそうで、かなりもののけ姫に影響を受けているように思われます。しかし、違っている点も多いですね。

もののけ姫の場合も、やはりテーマは環境と開発、そして多文化共生でした。しかし、その対立の最終解決は当事者どおしの勝敗ではなくて、対立を超えたところにある次のステージの登場でした。

これに対してアバターは、あくまで地球人と惑星人との対立であり、最後は軍事的な解決です。基本的には勧善懲悪で、ストーリーももののけ姫に比べると単純といえます。

一方もののけ姫は、対立の構図が複雑で、悪人・善人の区別がないので、見ている方にイライラ感があります。おまけにラブ・ロマンスも成就しない。より現実の世界に近いということができるでしょう。

アバターでは現在のハイテク兵器(米軍を思い起こさせる)と素手で戦う惑星人(先住民族、少数民族を模している)との戦いでした。ベトナム戦争の敗戦やアフガンやイラクで苦戦している米軍を揶揄しているということもできます。

もののけ姫がもつさまざまな意義についてはかつてホームページに書いたことがあります。よかったらご覧ください。

 「なぜもののけ姫か」

 http://www2.rikkyo.ac.jp/web/htanaka/99/mononoke.html

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月10日 (月)

新しいパソコンをLANにつなぐ(2)

5月1日のブログで書きましたが、自分のパソコンを大学に持っていって何とかLANに接続。しかし、そのパソコンを自宅に持って帰ったら、今度は「上智のホームページしか出ない」というトラブルが・・

連休も明けたのでさっそく上智のメディア・センターに電話。

「それはプロキシが入ってるからですね」

とのお返事。プロキシ?・・プロ棋士?・・羽生さんのこと?

「プロキシ・サーバーのチェックをはずしてください。そうすれば、他のページも見られるようになりますから」

教えられたとおりに操作すると、すぐに他のページが現れた。

この間、ものの5分。やはり専門家の方はすごいですね。

どうもありがとうございました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 8日 (土)

悲しいとき・・(4)

新しい研究室は2号館の14階・・

授業のチャイムが鳴っているのに、3基あるエレベーターがなかなか来ないとき・・

やっときたと思ったら、上の階行きだったとき・・

そのエレベーターが折り返してきて乗ったら、13階、12階と各駅停車するとき・・

1階に着いて、小走りでやっと教室にたどり着いたと思ったら、今日配るプリントを研究室に忘れてきたことに気付いたとき・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 7日 (金)

「日本のユースワークの課題」アップしました

ホームページの方に「日本のユースワークの課題」をアップしました。

YOUTHWORKWERという雑誌に掲載された記事です。

日本の青少年育成が時代とともにどのように変化したか、その青少年の「指導」は今後どのようにあるべきか、についてヒントのようなものを紹介しました。

http://pweb.cc.sophia.ac.jp/htanaka/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 6日 (木)

古河庭園と足尾銅山

昨日は連休も終わりということで、今年90になる父を誘って西ヶ原にある古河庭園に行ってきました。ちょっと暑いくらいでしたが、風はさわやかで、気持ちのいい散歩でした。西洋風の庭園のツツジが目にまぶしいくらい。4月が寒かったのでバラはほとんど開いていないのが残念。

日本庭園も見事ですね。「心」という字を形どっています。池ではコイや亀がゆうゆうと泳いでいました。

古河邸に入るには事前の予約が必要とのことであきらめていたのですが、客人の応接間がコーヒーショップになっていて、ここには入れます。一度は入りたかったという父は大喜び。天井が高くて、暖炉もあり、おいしいコーヒーを楽しみました。

ところで、このお屋敷の主であった古河市兵衛は古河鉱業の創始者。環境教育の授業をするために足尾鉱毒事件を調べていたときに出てきた、原因企業です。谷中村や足尾町にも行ったことがありますが、一方で大変な人災を起こしながら、こんな優雅なところに暮らしていたのか、と複雑な気持ちになりました。

市兵衛の妻であるタメさんは、世間がなぜ足尾のことで騒ぐのかを知りたくて、屋敷の者を被害者の集会にもぐりこませました。そして現実の被害を知り、悲観してしまいます。翌日に神田川に入水自殺。

その10日後に田中正造による天皇直訴事件が起きています。被害者の会の集会が開かれた場所は私もよく出入りしていた神田の東京YMCAとあって、非常に興味をかき立てられました。タメさんのことを少し調べてみようかと思っています。

Furukawa

                         東京都公園協会のHPより

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 5日 (水)

私のストレス解消法

私のストレス解消法は、ずばり「大航海時代 on line」です。

これは、世界中を航海して、知らない街を訪ねたり、財宝を発見したり、商いをしたり、海賊と戦ったりするネット・ゲームです。

夜、仕事の悩みなどでなかなか眠れないときなど、一番いいです。「次はどの町にいこうか、とか、何を仕入れようか」などと考えている内に、いつの間にか寝入ってしまいます。

現実世界ではなかなか旅行にも出かけられないので、バーチャルな世界旅行を楽しむといった感じです。

クライ・・ですかねぇ・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 4日 (火)

火曜日はタイ語

上智でよいところは様々な言語が学べることです。タイ語も初級・中級・上級があります。大学の授業ではあるのですが、一般にも公開されていて、コミュニティ・カレッジに登録すれば受講できます。

そこでさっそくタイ語の中級クラスを受講することになりました。毎週火曜日の2限です。中級とは言っても、英語で言えば中学2年くらいのレベルなので、それほど難しいわけではありません。ところが、タイ語は声調が5つもあり発音が難しく、しかも文字が独特なタイ文字です。このクラスでは先生が厳しく発音をチェックしますし、タイの小学校の教科書も使いますので、けっこう大変です。

正規の学生はたった1名で、あとは社会人が5-6人。このクラス、大学の授業なので学生がいなくなると閉鎖されるのです。そこで先生も社会人もこの一人の学生を大切にしています。

対社会人 「その発音は何! 声調が違うでしょう」

対学生 「いいのよ。少しずつ覚えていけば・・」

という感じです。

今日は連休なのでタイ語もお休みです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

木が伸びるのが楽しみです

右に植えた木、だいぶ成長してきました。

この木は、ブログを書き込む度に大きくなるので、結局毎日書いてしまいます。

成木になるのはいつなのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 2日 (日)

悲しいとき・・(3)

私鉄に乗って初めて行く駅で降りようとしたが、乗り過ごしてしまって・・

あわてて反対方向の電車に乗ったら、それが急行で・・

降りるべき駅の看板を車内から見送るとき・・

いつになったらたどり着けるのか・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

新しいパソコンをLANにつなぐ

新しい職場環境になって、何より心配なのはパソコンとインターネットの接続である。これがないと仕事にならないからである。大学というところは基本的にはそれを自分でやらなければならない。

4月に上智に代わってまずは新しいパソコンを注文。入荷までに3週間はかかる。その間は Let's Note を大学にもっていって接続しようとする。しかし簡単にはいかない。

まずメディアセンターに行き、アドレスの取得など、3枚ほど申請書を書く。そしてマニュアルをもらって設定をする。やはりつながらない。メディア・センターに何度も問合せる。結局メディアセンターにパソコンをもっていって、設定を助けてもらう。やっとつながったのが、3日め。

4月27日、待望のパソコンが到着。インターネット接続は2台目となるので、今回は余裕で接続。ただ、新しいパソコンの場合、ワード、エクセル、パワポに加えて、自分が使い慣れたIME、エディター、ホームページ作成ソフトなどを次々インストールしなくてはならない。それにウィルス対策ソフトも。これに丸2日。

でも思ったよりもスムーズ。誰の助けも借りずにここまで来られた。そこで、それまで代替で使っていた Let’s Note を自宅に引き上げる。

ここでトラブル発生! 自宅の無線LANにつながらない! いろいろやってみた。IPアドレスを一旦解放して、再取得したりした。それでもつながらない。

不思議なことに上智大学のサイトだけはつながる。それ以外にアクセスできないのである。あ~あ、このパソコン、上智仕様になってしまったんだ。私としては初めてのトラブル。もう今日から連休だし・・・このパソコン、1週間はがまんだな・・

これまでにもLAN接続では地獄と天国を見てきました。よろしかったら私のホームページに、その体験記がありますのでご覧ください。

「ブロードバンド物語」http://www2.rikkyo.ac.jp/web/htanaka/97/Internet01.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »