« 締切に関する人間学的考察 | トップページ | 常磐線佐貫駅 »

2010年5月23日 (日)

悲しいとき・・(6)

立教大学の近くのカウンターしかないラーメン屋。昼休みで店内は満員。

悲しいとき・・

ラーメンにかけた胡椒が多すぎて、玉状の胡椒がのどにひっかかって呼吸ができなくなったとき・・

苦しくて立ち上がり、壁に向かって両手をついてあえいでいるとき・・

お客さんは見て見ぬふりをしていて、店のおばさんだけが「お客さん大丈夫ですか」と声をかけてくれたが、ぜんぜん大丈夫でないとき・・

やっと胡椒が溶けて、かろうじて息をすることができて、席にすわり直したが・・店内の話し声がなくなっていて、ラーメンをすする音だけが響いているとき・・

(汗)

|

« 締切に関する人間学的考察 | トップページ | 常磐線佐貫駅 »

悲しいとき・・」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/557951/48433465

この記事へのトラックバック一覧です: 悲しいとき・・(6):

« 締切に関する人間学的考察 | トップページ | 常磐線佐貫駅 »