2020年6月 2日 (火)

特集「SDGsで変えるこれからの学び」


 『新教育ライブラリーPremier』Vol.1の特集「SDGsで変えるこれからの学び」の編集を手伝わせていただきました(ぎょうせい、2300円+税)。今考え得る最強の執筆陣と思います(湯本浩之、手島利夫、永田佳之、小玉敏也、松倉紗野香、住田昌治、小黒淳一、藤原孝章、大牟田市教育委員会、田中治彦)。


 面白いのは、10人の執筆者の誰も「17目標」の解説から始めていません。初めて手に取った先生はとまどうことでしょう。「17目標を教えました。調べ学習もしました。でもそれで『持続可能な社会の創り手』は育ちましたか?」という問いかけです。「SDGs学習の第二歩」といった内容です。




| | コメント (0)

2020年5月29日 (金)

コント・接客を伴う飲食店チェリー

18歳未満の方、この種の話題が苦手の方の入店をお断りいたします]

 

「お客様、2時間3000円で飲み放題ですが、いかがですか。接客を伴う飲食店チェリーです」

「この間までキャバクラ・チェリーじゃなかったの?」

「はい、行政のご指導により店名を変更いたしました。でもお客様、サービスの内容は変わっていませんのでご安心ください。」

3000円ならば入ってみるか」

 

「いらっしゃいませ。接客を伴う飲食店チェリーのアゲハです」

「何か距離が遠いな」

「ソーシャルディスタンスで2メートル空けなくてはいけないので」

「飲み放題って、ビールしかないじゃないか!」

「はい、お客様の腕と私の腕の長さを合わせると、ビール瓶しか届かないのです」

「何だよ、じゃあビールでいいよ。それにしても遠いな。肩くらい抱かせろよ」

「もちろんですわ。それでは手を消毒させていただきます。この医療用防護服と手袋を2枚重ねていただけますでしょうか。」

「何か、ビニール抱いているみたいだな。」

「気分だけお楽しみください。」

「チューくらいしてもいいか?」

「もちろんですわ。それではこのフェイスガードの着用をお願いします。私もしますので」

「フェイスガードがカチカチ当たって気分でないな」

「あら、お客様、曲が流れました。ダンスタイムです。」

「おお! チークダンスだな」

「どうぞこちらへ。防護服とフェイスガードをお忘れなく」

「何か、鉄仮面が二人で踊ってるみたいだな。もおいい、帰るぞ!」

 

「お会計はこちらです。21600円になります」

「何だよ、3000円ポッキリのはずだろ。」

「お食事代は3000円ですが、医療用防護服2着で8000円、フェースガード2セットで7000円、医療用ゴム手袋4枚で3600円、合わせて21600円になります。」

「それじや、ぼったくりじゃないか!」

「いいえ、決してぼったくりではございません。フェイスガートなど2セットはお客様がお持ち帰りになれます。次回、消毒の上2セットご持参いただければ、賞味3000円で飲み放題でございます」

「もう来るか!」

 

 

[参考]一般社団法人日本水商売協会「接待飲食店におけるコロナウィルス対策ガイドライン」https://mizusyobai.jp/guideline_covid19/ (2020528日最終閲覧)

 

| | コメント (0)

2020年4月 9日 (木)

18歳成人と成人式(12)「成人の日」のルーツ

 成人式が行なわれる元となった「成人の日」は1948(昭和23)年の「国民の祝日に関する法律」によって定められました。この法律では「成人の日 一月十五日 おとなになったことを自覚し、みずから生き抜こうとする青年を祝いはげます」とあります。
 戦前の祝祭日には成人の日はないため、なぜ成人の日が祝日のひとつに入り、しかも1月15日なのかは不明な点が多くありました。今回、いろいろ調べてみて、成人の日のルーツが戦前の「青年記念日」にあることをが判明しました。
 今回の発見のきっかけは前回お話しした名古屋市連合青年団による成年式です。というのはこの成年式が11月22日の「青年記念日」に行なわれているのです。青年記念日とは、1930(昭和5)年11月5日の文部次官通牒「青年記念日ニ関スル件」によって定められています。11月22日は、10年前の1920(大正9)年のこの日に青年団の代表者が皇太子(昭和天皇)よりお言葉(令旨)を賜った日です。
  
 戦後の祝祭日の制定に当たっては、衆参両院の文化委員会で議論されます。1948(昭和23)年4月15日に政府より祝祭日の「暫定案」が示されます。この中に「9月23日 若人の日」があります。これを受けて、参議院の文化委員会が「11月23日 成人の日・若人の日」を提案します。11月23日は戦前の重要な祝祭日である新嘗祭の日であり、青年記念日の翌日に当たります。その後、当時日本を占領していたGHQの意向もあり、再度政府案が5月1日に示されます。ここには「正月三日 成人の日」とありました。そして最終的に「成人の日 1月15日」に落ち着くのです。
 なぜ1月15日なのか? 衆議院の文化委員であった受田新吉によると「元服が正月に行われた古来の例もあり、一月十五日は松の内と称してめでたい新年であり、若者の成育を祝うのにふさわしい」という理由です。

 すなわちこう考えられます。「11月22日 青年記念日」→「9月23日 若人の日」→「11月23日 成人の日・若人の日」→「1月3日 成人の日」→「1月15日 成人の日」。日付については二転三転していますが、成人の日のルーツが昭和5年の青年記念日にあることは間違いありません。

 成人の日はその後2000(平成12)年にハッピーマンデー制度により、1月15日から1月第2月曜日に移されました。1月15日という日付には特に根拠がなかったということでしょう。

[参考]熊谷辰治郎編(1942)『大日本青年團史』
    受田新吉(1948)『日本の新しい祝日』日本教職員組合出版部

 

| | コメント (0)

18歳成人と「成人式」(11) 成人式の起源

成人式の起源

 この連載の6回めで、成人式の起源は1946(昭和21)年に蕨市で行なわれた「成年式」であると書きました。その後成人式について調べていく内に、成人式の起源がさらに遡って、1933(昭和8)年に名古屋市で行なわれた成年式であるということが判明しました。
 名古屋市連合青年団では昭和8年11月22日に第1回の成年式を行なっています。この式は満20歳に達して徴兵検査を終了した男子成人を対象に行なわれました。青年団とは、江戸時代から各村落にあった「若者組」を改組する形で、全国的に作られた団体で、各市町村の組織の末端に位置づけられていた団体です。
 この成年式の式典の内容は「聖恩旗の入場、国家斉唱、宮城遙拝、青年団長による令旨奉読と式辞、成年者代表による宣誓、加盟八青年団への奨励金交付、来賓式辞、団歌合唱、万歳三唱、そして聖恩旗の退場」となっています。その後、著名人による講演会、さらに娯楽の集いとして青年団員により、謡曲、詩吟、民謡、剣舞などが披露されました。また、参加者には青年徽章と大日本帝国憲法の小冊子が配られています。この成年式の式典の内容とその後の講演会と催し、そして記念品の配布という形式は、戦後の成人式にもほとんど引き継がれていくものであり、名古屋市連合青年団の成年式にその原型があったものとみることができます。
 戦後の蕨市の成年式も、その発起人は蕨町青年団長であり、式典の内容も日付もほぼ同じであることから、この名古屋での成年式を参考にして、戦後復活したのだと考えられます。現在の形の市町村が主催する成人式が1949(昭和24)年に行なわれる以前にも、愛知県、岐阜県、香川県、群馬県、栃木県、山梨県などで「成年式」が行なわれていたようです。名古屋発の成年式が、戦前、戦後初期に一定の広がりをもって実施されていたと考えられます。

[参考]室井康成(2018)「現代民俗の形成と批判-「成人式」問題をめぐる一考察-」『専修人間科学論集 社会学篇』Vol.8-2, p.67-68.

| | コメント (0)

2020年4月 5日 (日)

ABC予想が証明された

コロナで鬱々とした日々を送っているが、スカッとしたことがひとつある。それは望月新一教授による「ABC予想」が証明されたことである。私はABC予想の内容を説明することもできないし、ましてや証明もわからない。
 しかし、素人目にもこれがいかにすごいことなのかわかることが二つある。ひとつは、査読に8年もかかったことである。実は証明自体は2012年に発表されていた。ところがあまりに難しすぎて、他の数学者が理解できず、査読に時間がかかってしまったのである。
 もうひとつは証明するのに360年もかかった「フェルマーの最終定理」が、ABC予想によるとたった1頁で証明できてしまうことである。その証明はYoutubeにも動画で掲載されていて、高校程度の数学の知識があれば十分理解することができる。
 ひとによるとノーベル賞2つ以上の快挙であるという。
 ぜひ動画を見て、スカッとしてほしい。

ABC'予想とフェルマーの最終定理
https://www.youtube.com/watch?v=fWWpUR8G5tY&feature=youtu.be&fbclid=IwAR1OqKrm1ZIT_xg_jL-idOgCzHgtBI3XBtK6aKS72T7mX0e6xsgwsVyN1Ag

| | コメント (0)

2020年4月 3日 (金)

沈黙の春 2020

桜が咲いた。

例年より早い桜であった。

しかし、木の下で酒を酌み交わす人も、歌を歌う人も、飛び回る子供たちもなかった。

それは沈黙の春だった。

1585874478678

| | コメント (0)

2020年4月 2日 (木)

「沈黙の春」がやってきた

「それは奇妙な静けさだった。

鳥たちは、一体どこへ行ってしまったのだろう。
人々は当惑し、動揺して鳥たちのことを話した。
僅かに見かける鳥は、生きているというよりも死んだようで、激しく震えて飛ぶことはできなかった。

それは沈黙の春だった。」

(レイチェル・カーソン『沈黙の春』より)

今のわたしの気分です・・・

 

Photo_20200402211701

 

| | コメント (0)

2020年2月18日 (火)

柏のカルチャーセンターで「SDGsを知ろう」を講義します

Kimg0767

NHK文化センター柏教室でSDGsについて6回シリーズで講義することになりました。

カルチャーセンターは初めてなので楽しみにしています。柏は常磐線で上野から20分です。

問い合わせ:04-7148-1711

| | コメント (0)

2020年1月14日 (火)

18歳成人と「成人式」(10)

 「成人式」について発言しているので、一度は成人式を見ておかねばならぬと思い立ち、蕨市の成人式に行ってきました。蕨市は成人式の発祥の地と言われていて、名称も昭和21年当時の名前である「成年式」と称しています。
 和服の女性にインタビューしたところ、レンタルで20万円とか。写真、髪も入れると30万円ですよね。月給にも相当する額です。それだけの価値があるのでしょうか。
 式は14人の青年の実行委員会が進めていました。前半は市長と来賓のあいさつ、ということで退屈でした。しかし、後半は若者代表の宣言や演奏などもあり、飽きさせないくふうがありました。特によかったのは、中学時代の教員が10数名出てきて、新成人に祝辞やエピソードを述べたことです。最高潮に達したのは、サプライズでダイゴと浜口京子が登場したときです。主催者も参加者を集めるためにいろいろ考えていますね。
 3日ほどまえにTBSから取材の依頼があり、私が蕨市の成人式に行くことを告げると、TBSの方々も取材に来られました。ニュース23ですが、成人式の歴史的な映像もあり、かなり長い時間の報道でした。成人式は18歳か20歳かという論点も取り上げられていて、私も若干コメントしました。

 







| | コメント (0)

2020年1月12日 (日)

18歳成人と「成人式」(9)

成人式は必要か?

 それでは当事者である新成人は成人式をどのように捉えているのであろうか。筆者は成人式を目前にした1月の最初の授業で学生たちにアンケートをとった。その結果、成人式に参加する学生たちの動機は、多くが同級生に会えるから、あるいは親が喜ぶからということであり、式典の内容にはほとんど関心を示していなかった。

 このような現状のなかで、果たして市町村が公費を使って行う成人式は今後も必要なのであろうか。明確に言えることは、法制度的にも民俗学的にも根拠が薄弱である「20歳を祝う会」については、地方自治体が公費を支出して行う意義は存在しないということである。先に述べたように、戦後「成人年齢20歳」を国民の間に定着させたのは自治体ごとに行う成人式であった。民法、公職選挙法、国民投票法、児童福祉法、労働基準法という成人を規定する一連の法律が成人を18歳とする中で、成人としての自覚を促し、国民の間に「18歳成人」の定着させるための成人式は当然18歳時に実施するべきである、というのが結論である。

 今後、中学・高校教育の現場では18歳成人に向けて、主権者教育、消費者教育、市民教育の新たな展開が求められる。これらと相まって、18歳での成人式が位置づけられるのであれば、公費で行う成人式もそれなりに意義があるということができるであろう。

(ご意見、お問い合わせは momo.suke●nifty.com まで。これからも18歳成人と成人式に関する話題をアップする予定です。)

 

 

| | コメント (0)

«18歳成人と「成人式」(8)